• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 東区の出来事(地区ニュース) > 地区ニュース9月29日

ここから本文です。

更新日:2011年2月25日

地区ニュース9月29日

開成小学校防災お泊り会

開成小学校防災お泊り会

27日、東区の開成小学校(札幌市東区北21条東21丁目)で、防災シミュレーション2008が開催され、児童が一泊防災訓練に参加した。
これは、災害時に実際の避難所となる小学校の体育館で、宿泊や食事など災害発生時の行動を模擬体験することにより、子どもたちに災害への心構えを持ってもらおうと、児童の父親たちの有志で組織される「開成小学校OYA-G‘(おやじ)の会」と学校関係者が協力して開催したもので、今年で4回目。
今回は約130名の児童が参加。まずは夕食の準備からスタート。父親たちの指導のもと、生米と水を特殊なビニール袋に詰めた。これは災害時でも簡単に炊飯できる方法で、このビニール袋ごと加熱すると温かいご飯が出来上がるというもの。
続いて、東消防署の協力により、消防車の放水体験やAED操作講習、はしご車試乗体験が行われた。はしご車で地上約25メートルまで昇った児童は「初めての体験。少し揺れたけど、眺めは最高だったよ」と話していた。
これらの体験が終わると夕食の時間となった。メニューはカレーライスで、自分たちで準備した白飯も上手に出来上がり、子どもたちはおいしそうに口に運んでいた。
夕食後は、夜の校内体験や火の温かさなどを体験する「かがり火」鑑賞が行われ、この日の予定が終了し、9時00分にみんな一緒に寝袋で就寝。
翌日は、6時00分に起床し、朝食を食べた後、解散となった。
参加した児童の一人は「多くの友達と一緒に寝袋で寝られて楽しかった。でも、本当の災害の時はこのような楽しいものではないから、日頃から災害への備えをしっかりしなきゃ」と話していた。

地区ニュースページに戻る

ようこそ東区トップページに戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部総務企画課

〒065-8612 札幌市東区北11条東7丁目1-1

電話番号:011-741-2414

ファクス番号:011-742-4762