• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 施設案内 > まちづくりセンター > 伏古本町まちづくりセンター > 親子で参加!まちの魅力発見バスツアーを実施しました

ここから本文です。

更新日:2010年8月11日

親子で参加!まちの魅力発見バスツアーを実施しました

アリアンス・フランセーズ札幌でフランス人と交流

  • 地域ニュース:8月11

8月11日(水曜日)「親子で参加!まちの魅力発見バスツアー」に、小中学生、保護者、札幌中学校諸先生、連合町内会役員、青少年育成委員など総勢51人が参加しました。
これは、札幌市が誇る文化芸術施設などを訪問し、文化・芸術の担い手と直に接しながら、伏古本町地区の文化・芸術のまちづくり活動の役割・楽しさ・やりがいなどを学んでもらおうと、伏古本町まちづくりセンターが企画、実行委員会方式で実施したもの。
参加者は、「まちづくりセンター」の役割などについて学んだあと、大型バスでまちセンを出発。
初めにアリアンス・フランセーズ札幌(札幌市中央区南2条西5丁目)を訪問しました。この施設は日仏の文化交流・協力を促進し、日仏両国民の相互理解と親善を増進することを目的として設立されたもので、フランス人のマルタン院長からフランスの文化や言葉などをゲーム形式で学びました。この日はマルタン院長の母と妹も来日しており、参加者は教わったばかりのフランス語で自己紹介するなど交流を深めました。
次に向かったのは札幌コンサートホールKitara(札幌市中央区中島公園)。中庭でランチタイムの後、パイプオルガニストのローランさんによるリハーサル演奏をしばし鑑賞。そして、ボランティアの方の案内でステージ裏などを見学し、大ホールでは、ローランさんとの交流会が行われました。参加者は「何歳からパイプオルガンを弾き始めたのですか」、「日本料理は好きですか」などと質問したり、パイプオルガンの鍵盤に触れたりと活発に交流しました。
最後は、本郷新記念館札幌彫刻美術館(札幌市中央区宮の森4条12丁目)を見学。参加者は屋外の「わだつみの声」に目を見張り、本郷新や他の作家の作品に見入っていました。
参加者は「とても勉強になった」、「パイプオルガンの迫力に感激した」などと話し、大満足な様子でした。

伏古本町まちづくりセンターのページに戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区市民部伏古本町まちづくりセンター

〒007-0863 札幌市東区伏古4条4丁目5-3

電話番号:011-784-5534

ファクス番号:011-784-2530