ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 税金 > 市税の納付 > 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う納税の猶予について

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う納税の猶予について

 納税の猶予(特例制度)

地方税法の改正により、令和2年4月30日より徴収猶予の特例制度が施行されました。これを受けて本市では、各市税事務所納税課において通常の業務時間に加え、下記の期間、夜間電話納税相談を実施いたしますので、ご利用ください。

市・道民税の納税通知書が発送される時期に臨時の夜間電話納税相談を実施します。

平日の日中に相談できない方はぜひご利用ください。

 ・日時:令和2年6月15日(月)~6月30日(火)まで (17時15分~20時00分まで)

 ・電話番号:お住まいの区を担当する市税事務所納税課

徴収猶予の「特例制度」

 新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、以下の1、2の要件いずれにも該当する場合に1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができます。
担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。

「新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方のために徴収猶予特例制度があります。」リーフレット(PDF:161KB)

  1.  新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

徴収猶予が認められると

  1.  原則、一年間猶予が認められます。 
  2.  猶予期間中の延滞金の全てが免除されます。
  3.  財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

申請期限について

特例徴収猶予を受けようとする市税の納期限まで申請書を提出できます。(ただし、法令施行日から2 ヵ月後の令和2年6月30日までは、納期限が過ぎていても受付を行います。)

申請の手続

提出する書類(猶予申請する税額が100万円以下の場合
提出する書類(猶予申請する税額が100万円を超える場合

※申請書等の提出にあたっては、郵送やeLTAXによるオンライン申請を推奨します。
eLTAX特設HP ☞ https://www.eltax.lta.go.jp/news/01689

記載方法

「徴収猶予の特例」申請の手引き(PDF:1,601KB)

提出先

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

その他

徴収猶予の特例制度に該当しない場合でも、以下の既存の猶予制度に該当する可能性がございますので、ご相談ください。

納税の猶予(既存の制度)

 徴収猶予

以下のような理由により、市税を一時に納付することができないときに、担当の市税事務所に申請することで、納税が猶予される場合があります。
ただし、猶予期間は、原則として1年以内で、審査があります。

  1. 財産について相当の損失を受けた場合
  2. 納税者またはその生計を一にする親族などが病気にかかった場合
  3. 事業を廃止し、または休止した場合
  4. 事業について著しい損失を受けた場合

徴収猶予が認められると

  1.  原則、一年間猶予が認められます。 
  2.  猶予期間中の延滞金の全部または一部が免除されます。
  3.  財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

申請の手続

提出する書類
記載方法

「猶予の申請の手引き」(PDF:1,834KB)

提出先

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

その他

申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

換価の猶予

市税を一時に納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがあるなどの一定の要件に該当するときに、担当の市税事務所に申請することで、1年以内の期間に限り、差押財産の換価(売却)が猶予される場合があります。
また、納税者からの申請によるほか、札幌市長の職権により猶予が認められる場合もあります。

換価の猶予が認められると

  1. 納税が猶予され、市税を分割して納付することとなります。
  2. 財産の換価(売却)が猶予されます。
  3. 延滞金の一部が免除されます。

申請の手続

申請期限

猶予を受けようとする市税の納期限から6か月以内

提出する書類
記載方法

「猶予の申請の手引き」(PDF:1,834KB)

提出先

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

その他

申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

 

お住まいの区

お問い合わせ先

中央区・市外に住所を有する方

中央市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-211-3913

北区・東区

北部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-207-3913

白石区・厚別区

東部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-802-3913

豊平区・清田区・南区

南部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-824-3913

西区・手稲区

西部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-618-3913

(注)電話番号のお掛け間違いにはくれぐれもご注意ください。

(注)市税の窓口の業務時間は、平日8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)です。
ただし、各市税事務所の納税相談に限り毎週木曜日(年末年始、祝日を除く)は20時まで受け付けています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。