ここから本文です。

更新日:2022年5月27日

インターネットからのクレジットカードによる納税(よくあるご質問)

「札幌市税のインターネットを使ったクレジットカード納付」について、よくあるご質問を掲載します。
「インターネットからのクレジットカードによる納税のページもご確認ください。

 エラーメッセージが表示された場合

 1.「納付情報.〇」の「調定年度(2桁)・賦課年度(2桁)」の長さをお確かめください。と表示された。

  • 調定年度、賦課年度を連続して4桁入力しているかご確認ください。
  • 調定年度、賦課年度が1桁の場合は先頭に「0」を加えて入力しているかご確認ください。

 2.「納付情報.〇」に該当する納付情報が存在しませんでした。入力内容をご確認ください。と表示された。

  • 選択した税金の種類に誤りはないかご確認ください。
  • 入力した番号に誤りはないかご確認ください。

よくある事例:固定資産税・都市計画税(土地家屋)と固定資産税(償却資産分)を誤って選択。


 3.要求された形式に一致させてください。と表示された。

以下のことをご確認下さい。

  • 調定年度と賦課年度の間に「・」は不要です。
  • 番号は半角で入力されているかご確認ください。
  • 軽自動車税(種別割)の場合、入力していただくのは「納税通知書番号」ではなく、「納付番号」です。

 札幌市税納付サイトの利用でお困りの場合

 1.誤って不要な「納付情報」を追加してしまった。

確認番号欄にある「☑照合する」のチェックを外すと、納付対象から外すことができます。

※入力欄自体は削除することはできません。


 2.納付したかどうか分からなくなった。

画面右上の「納付照会」より、納付書の各番号を入力してご確認していただくことができます。

詳しい確認方法はこちらをご覧ください。(※外部サイトへリンクします)

 

 

 

 

 

 

 

 クレジットカードでの納付方法について(Q1~12)

Q1クレジットカードで納付する手順を教えてください。

インターネットから以下の手順で納付してください。

  1. 納付書(確認番号が印字されているもの)、クレジットカード、パソコン・スマートフォン・タブレット端末等を準備します。
  2. 札幌市公式ホームページの「インターネットからのクレジットカードによる納税」より「札幌市税納付サイト」にアクセスします。
  3. 納税通知書に同封されている納付書をご用意し、注意事項をご確認のうえ、「上記内容を全て確認しました。」にチェックし、「同意して次へ進む」ボタンを押します。
  4. 対象の税目を選択します。
  5. 画面の項目にしたがって納付書に印字された「調定年度(4)」、「賦課年度(4、3、2など)」、9桁の「納税通知書番号」(軽自動車税の場合は12桁の「納付番号」)、1桁の期別番号(軽自動車税は入力不要)、4桁の「確認番号」を入力し、「納付情報照会」ボタンを押します。※調定年度、賦課年度が1桁の場合は先頭に0を加えてそれぞれ2桁の合計4桁で入力します。
  6. 画面に表示される支払金額が、納付書に印字されている金額と同じであることをご確認のうえ、「決済情報入力」ボタンを押します。
  7. 納付手続き完了メールを受け取るアドレスを入力します。さらに、決済に利用するクレジットカードの情報を入力します。入力が終了したら「納付内容確認」ボタンを押します。
  8. 最後に確認画面が表示されますので入力内容を確認し「納付手続き実行」ボタンを押します。支払手続が完了します。
  9. 領収証書は発行されませんので、メールまたは納付手続き完了画面を印刷して納付書と一緒に保管することをお勧めします。

【納付書サンプル】

固定資産税・都市計画税(土地・家屋分)(PDF:646KB)
固定資産税(償却資産分)(PDF:621KB)
軽自動車税(PDF:304KB)
市民税・道民税(普通徴収分)(PDF:575KB)

 


Q2コンビニエンスストアや金融機関、市税事務所などの窓口でも、クレジットカードで納付することはできますか。

コンビニエンスストアや金融機関、市税事務所などで納付される場合は、クレジットカードでは納付できません。現金で納付してください。 


Q3公共料金のように、一度の申込みで毎回、自動的にカード決済することはできますか。

クレジットカードで納付する場合には、「札幌市税納付サイト」で納付する度にクレジットカード番号等を入力し、納付の手続きをしていただく必要があります。一度のお申込みで毎回、自動的にカード決済することはできません。 


Q4継続払いはできないのですか。

札幌市の税金を継続払いで納付していただくことはできません。 


Q5現在、口座振替で納付しているのですが、クレジットカードで納付するにはどうしたらよいですか。(市民税・道民税、固定資産税)

口座振替を解約する必要がありますので、北部市税事務所収納管理課収納管理係へご連絡ください。 


Q6現在、市民税・道民税が年金(または給与)から天引きされていますが、クレジットカードからの納付に変えることはできますか。(市民税・道民税)

市民税・道民税の年金や給与からの天引き(特別徴収)は、法令上規定されていますので、クレジットカードでの納付に変えることはできません。 


Q7フィーチャーフォン(ガラケー)からはクレジットカードで納付できますか。

「札幌市税納付サイト」では、パソコン、スマートフォン、タブレット端末からでなければ、クレジットカードで納付することはできませんので、フィーチャーフォンから納付することはできません。 


Q8納付書の確認番号に「****」が印字されています。クレジットカードでは納付できないのですか。

「****」が印字されている場合、クレジットカードでは納付できません。
札幌市では、以下のいずれかに該当する場合には、クレジットカードで納付することができないため、納付書を発行した時点で「****」を印字しております。

  • 納付書の金額が100万円以上の場合
  • 納税通知書に記載された納期限が過ぎている場合 

Q9納期が到来していない納付書でも、今からクレジットカードで納付することはできますか。

納税通知書が届いていれば、納付書に記載されている納期が到来していなくても、納付することはできます。 


Q10一括用の納付書で納付することができるのは、いつまでですか。(市民税・道民税、固定資産税)

第1期の納期限までです。 


Q11クレジットカードで納付できるのは、納期限の日の何時何分までですか。

納期限の日の23時30分までです。
ただし、それまでに納付手続きを完了する必要があります。 


Q12複数枚の納付書をまとめてクレジットカードで納付することはできますか。

第1期~第4期の納付書をそれぞれ決済した場合には、一括用の納付書で決済する場合よりも、システム利用料が高くなる場合があります。
ただし、第1期~第4期を1度に決済した場合は、一括用の納付書で決済した場合と同じシステム利用料です。 



ページの先頭へ戻る 

納税通知書番号等の入力画面について(Q13~17) 

Q13「札幌市税納付サイト」の入力画面に年度を入力する欄がありますが、何の年度を入力すればよいのですか。

納付書の「調定年度」2桁、「賦課年度」2桁を連続で入力します。
調定年度は「4」、賦課年度は納付書の⑦の欄に記載されている数字(4、3、2など)です。

※調定年度、賦課年度が1桁の場合は先頭に0を加えてそれぞれ2桁の合計4桁で入力します。
(例1)賦課年度(⑦の欄)が「4」の場合→「0404」と入力してください。

(例2)賦課年度(⑦の欄)が「3」の場合→「0403」と入力してください。
納付書のサンプルはこちら 


Q14入力画面に納期番号を入力する欄がありますが、一括用の納付書で納付する場合、何を入力したらよいのですか。(市民税・道民税、固定資産税)

一括用の納付書で納付する場合には、「9」と入力してください。 


Q15入力画面に納期番号を入力する欄がありますが、納付書には「随時」と記載されています。何を入力したらよいのですか。(市民税・道民税、固定資産税)

  • 納付書の送付先住所が市内の場合
    納付書の「随時」と記載されている欄に印字されている数字を入力してください。
  • 納付書の送付先住所が市外の場合
    →納付書の⑱の欄に記載されている数字を入力してください。 

Q16入力画面に納税通知書番号などを入力しましたが、納付書に記載されている金額とは異なる金額が表示されました。なぜですか。

お手元の納付書が、古い納付書(税額変更前の納付書など)であることが考えられます。 


Q17入力画面に納税通知書番号などを入力しましたが、「「納付情報.〇」は既に納付手続が完了しておりますので、お手続いただけません。」と表示されました。なぜですか。

以下の場合が考えられます。

  • 同じ納付書で、既にクレジットカードにより納付している場合
  • 入力内容が間違っている場合

以下の方法により、過去の納付状況をご確認ください。

  • パソコンから操作している場合
    画面の下にある「印刷モード」ボタンを押すと、過去の納付金額や納付日が表示されます。
  • スマートフォン・タブレット端末から操作している場合
    画面の下に、過去の納付金額が表示されています。

なお、「札幌市税納付サイト」では、二重納付防止のため、札幌市の税金を、税目・調定年度・賦課年度・納税通知書番号・納期が全て同じ納付書で、クレジットカードにより2回以上納付することはできない仕組みとなっています。
よって、税額が年度途中で増額になった方で、増額前の税額で既にクレジットカードで納付されている場合、増額分の差額の納付書では、確認番号が印字されていてもクレジットカードでは納付できない場合があります。

(例)第4期をクレジットカードで納付後に第4期が増額となり、札幌市から第4期の差額分の納付書が届いた場合、確認番号が印字されていても、差額分をクレジットカードで納付することはできません。


ページの先頭へ戻る

クレジットカード決済方法等について(Q18~22) 

Q18分割払い、リボ払いは可能ですか。

可能です。(分割払いは、3、6、10、12回から選択可能です)
ただし、納付される方とカード会社との間で、分割払い、リボ払いの契約をしていることが前提になります。
なお、一般的なお支払での分割払いやリボ払いと同様に、カード会社との契約に基づく手数料が別途必要となりますので、ご注意ください。契約内容がご不明な場合は、ご利用のカード会社に直接お問い合わせください。
また、ボーナス払い、分割2回払いはできません。 


Q19家族の分の税金を、私名義のクレジットカードで納付することはできますか。

ご家族等の税金でも、クレジットカードの名義人様ご本人が納付手続きをされる場合は、クレジットカードで納付できます。 



Q20法人名義の固定資産税や軽自動車税を、個人名義のクレジットカードで納付することはできますか。

法人名義の固定資産税や軽自動車税でも、クレジットカードの名義人様ご本人が納付手続きをされる場合は、個人名義のクレジットカードで納付できます。 


Q21私のクレジットカードに印字されているカード番号は14桁(または15桁)ですが、札幌市税納付サイトの「カード番号」入力欄には16桁分入力するようになっています。どのように入力すればよいですか。

14桁の場合は、左詰めで、4桁・4桁・4桁・2桁でカード番号を入力してください。

15桁の場合は、左詰めで、4桁・4桁・4桁・3桁でカード番号を入力してください。 


Q22「支払い完了のお知らせ」メールを送ってもらうことはできますか。

「決済情報入力ページ」を入力する画面に、「メールアドレス登録」の欄があります。
こちらにメールアドレスを入力し、お支払い手続きを完了すると、「支払い完了のお知らせ」メールが届きます。


ページの先頭へ戻る

システム利用料について(Q23) 

Q23なぜシステム利用料がかかるのですか。

システム利用料は、クレジットカード納付による立替払いのための手数料です。
クレジットカードで納付した場合、手元に現金がなくても支払方法(一括払い・分割払い等)に応じて後払いで納付できること、利用額に応じたポイントサービスなどの利益還元が行われることが多いなど、他の納付方法にはない利益が納付された方に発生します。
このため、クレジットカードで納付された方には、他の納付方法をご利用の方との公平性の観点から、利用額に応じた手数料を負担していただいております。

  • システム利用料は、札幌市の収入になるものではありません。
  • システム利用料は、総務省からの通知等に基づいて取り扱っております。
  • 他の自治体でも手数料はかかりますが、自治体により金額は異なります。
  • 分割払い、リボ払いを選択された場合には、手数料のほかに、カード会社との契約に基づく手数料が必要となります。 

ページの先頭へ戻る 

納付の確認等について(Q24~29) 

Q24クレジットカードで納付した場合、いつ、口座から引き落とされるのですか。

納付された方とカード会社との契約によります。引落し日はカード会社により異なりますので、カード会社が発行するご利用明細等でご確認いただくか、カード会社へ直接お問い合わせください。 


Q25支払いを取り消すことはできますか

「札幌市税納付サイト」上でお支払手続きが完了しますと、システム利用料を含め、いかなる場合も支払いを取り消すことはできません。 


Q26支払手続き完了後に、二重で納付してしまったことに気が付きました。どうすればよいですか。

「札幌市税納付サイト」上でお支払手続きが完了しますと、支払いを取り消すことはできませんので、後日、札幌市より二重で納付してしまった税金をお返しいたします。
なお、システム利用料は、クレジットカード決済を行うための手数料であり、札幌市の収入になるものではありませんので、お返しすることはできません。
また、納期限を過ぎた市税に未納がある場合には、お返しする税金を未納分の市税に充てさせていただきます。 


Q27クレジットカードで二重に納付してしまうことはありませんか。

クレジットカードで1度納付した後に、同じ納付書を使って再度クレジットカードで納付することはできません。
クレジットカードで納付した場合は、領収印のない納付書が手元に残りますので、納付完了後に表示される印刷用ページを印刷するなどして、納付済みであることがわかるようにしてください。
なお、市民税・道民税、固定資産税では、1~4期の納付書のほかに一括用納付書でもクレジットカードで納付することができ、1~4期の納付書と一括用納付書による二重納付は、「札幌市税納付サイト」の画面上、防止できませんので、ご注意ください。

※「札幌市税納付サイト」では、税目、年度(調定年度+賦課年度)、納税通知書番号、納期の全てが同じものを、2回以上クレジットカードで納付することはできません。
納付書情報を入力する画面で入力した税目、年度、納税通知書番号、納期で、既に納付実績がある場合、「「納付情報.〇」は既に納付手続が完了しておりますので、お手続いただけません。」というメッセージが表示されます。


Q28クレジットカードで納付した後、金融機関やコンビニエンスストアで同じ納付書を使って二重に納付してしまうことはないですか。

クレジットカードで納付した後に、同じ納付書を使って金融機関やコンビニでも納付することは可能ですので、ご注意ください。
クレジットカードで納付した場合は、領収印のない納付書が手元に残りますので、お支払完了後に表示される印刷用ページを印刷するなどして、納付済みであることがわかるようにしてください。 


Q29クレジットカードのポイントはつくのですか。

通常のクレジットカード決済と同様に、納付される方とカード会社との契約に基づくクレジットカード会社のポイントサービス等を受けることができます。
ポイントについての詳細は、契約されているカード会社に直接お問い合わせください。


ページの先頭へ戻る 

納税証明書について(Q30~32) 

Q30クレジットカードで納付した場合、市税事務所や市役所本庁舎の税証明窓口で納税証明書を発行できるのはいつからですか。

「札幌市税納付サイト」で納付手続きを完了した日の約3週間~1か月後からとなります。詳しくはキャッシュレスで納付した場合の納税証明書についてをご確認ください。
なお、お支払手続き完了後の画面を印刷したものや、クレジットカード会社からのご利用明細をお持ちいただいても、納税証明書を発行することはできませんのでご注意ください。 


Q31軽自動車税の納税証明書(継続検査用)は、いつ発送されるのですか。

「札幌市税納付サイト」で納付の手続きをした日の約3週間~1カ月後となります。詳しくはキャッシュレスで納付した場合の納税証明書についてをご確認ください。 


Q32納税証明書を発行できるようになるまでに、日数がかかるのはなぜですか。

クレジットカードによる地方税の納付は、地方自治法を根拠に行われます。(指定代理納付者が納税者様に代わって、立替払いをすることになります。)
この規定では、指定代理納付者が札幌市に入金した日以降でなければ、納税証明書を発行することができないこととなっております。
指定代理納付者から札幌市に入金されるまで、手続き上、相当の日数がかかりますので、この間、納税証明書を発行することはできません。


ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ先

部署名

所在地・電話番号

税政部税制課管理係

札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎 2階

電話:011-211-2282

北部市税事務所収納管理課収納管理係

札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 9階

電話:011-207-3919

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市財政局税政部税制課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階 

電話番号:011-211-2282

ファクス番号:011-218-5149