ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 第28回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年9月30日

第28回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第28回新型コロナウイルス感染症対策本部会議のようす

(令和3年9月30日木曜日)

感染状況、医療提供体制ともに、国の指標のステージ3の目安を下回る数値まで改善し、緊急事態宣言が解除されることにより、本日対策本部会議を実施いたしました。

会議では、本部長として、以下の4点を指示しました。

  • 市有施設など、人が多く集まる場での感染防止対策を徹底するとともに、北海道と連携のうえ、第三者認証制度による飲食店対策などを着実に実施すること。
  • 引き続き、医療機関と連携して、病床の確保や病床の効率的な活用、抗体カクテル療法の活用などに取り組むこと。
  • 改めて、市民や事業者の皆さまへワクチン接種の有効性や、副反応に関する正しい情報について、丁寧に説明のうえ、より多くの方にワクチンを接種していただけるよう取り組むこと。
  • 経済活動の再開を見据えて、国や北海道の動向を注視のうえ、柔軟に対応できるよう、経営上大きな影響を受けている飲食店や宿泊事業者等を支援するための取組など具体的な需要喚起策の準備を進めておくこと。

市民の皆さまにおかれましては、引き続き、マスク着用、手指消毒、換気の徹底などにご協力をお願いいたします。

また、第4波、第5波の入院患者の分析により、ワクチン接種が、中等症以上の重症化防止に、効果的なことが明らかとなっており、ワクチンの接種率を向上させることは、医療のひっ迫を防ぐという観点から、大変重要で、今後、行動制限の緩和を検討するにあたっても、大きな意義を持つことになります。

直近の予約状況には、まだ空きがありますので、接種がお済みでない方は、ワクチン接種について、ご検討いただきますよう、よろしくお願いいたします。

事業者の皆さまにおかれましては、従業員の方々が気兼ねなく、ワクチンを接種できるよう、副反応の可能性を考慮した勤務シフトや休暇など、職場環境の配慮にご協力をお願いいたします。 

(札幌市長 秋元 克広)