ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 第18回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年5月28日

第18回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました

第18回新型コロナウイルス感染症対策本部会議のようす

(令和3年5月28日金曜日)

市民の皆さまには、長期に渡り、外出自粛などのご協力をいただいているほか、事業者の皆さまには、休業要請や出勤者の削減など、多大なるご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。

また、札幌市医師会をはじめとした医療関係者の皆さまには、医療提供体制への負荷が厳しさを増す中、昼夜を問わず、懸命に治療にあたっていただき、発熱外来やワクチン接種にも、ご協力をいただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

本日5月28日、政府の対策本部会議において、「緊急事態宣言」の延長が決定され、先ほど開催された北海道対策本部会議では、緊急事態宣言(5月16日)以降取り組んできた対策を6月20日まで継続することが正式に決まりました。

医療提供体制については、医療機関の皆さまのご協力により、病床数は増加しているものの、入院待機を余儀なくされている方が100人以上に上るという、厳しい状況が続いております。

札幌市としては、市民の皆さまの生命と健康を守るという使命を果たすため、自宅療養者に対する訪問診療体制の強化や、医療提供体制の整備について、引き続き全力で進めるとともに、円滑かつ迅速なワクチン接種体制の確立のため、全庁一丸となって、取り組んでいく所存です。このため、本部員に対して、以下の4点を指示いたしました。

  • 対策期間が長期に渡ることから、引き続き、不安に感じる子どもや保護者の皆さまに寄り添った取組を進めること。
  • 飲食店の皆さまへの経済的な影響は、とりわけ、大きいことから、協力支援金の支給について、速やかに必要な方々へ行き渡るよう取り組むこと。
  • 過去最大規模の新規感染者数が生じたことにより、医療・検査体制にかかる負荷が極めて厳しい状況となっていることから、医療提供体制の強化に取り組むとともに、相談受付機能の強化や新たなPCR検査センターの設置など、検査体制の更なる拡充を早急に推し進めること。
  • 現下の感染状況は元より、更なる感染拡大が危惧される状況を踏まえると、一刻も早く、ワクチンを接種できる環境を整えることが重要であることから、接種能力の向上や、円滑な予約受付体制、正確な情報発信など、安心・安全にワクチン接種していただくための体制を全庁一丸となって整備すること。

市民の皆さまにおかれましては、引き続きご負担をお掛けいたしますが、人と人との接触を極力減らすため、外出自粛の徹底に、ご協力をお願いいたします。また、市民以外の皆さまにおかれましては、不要不急の来札をお控えいただきますよう、お願いいたします。

さらに、マスク着用、手指消毒など、基本的な感染防止対策をあらゆる場面で徹底していただくよう、お願いいたします。

事業者の皆さまにおかれましては、ご負担をお掛けいたしますが、この危機を乗り切るため、引き続き、職場内における感染防止対策の徹底と、出勤者の削減について、ご理解とご協力をお願いいたします。

(札幌市長 秋元 克広)