ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > 一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンターと札幌市「City Cast(都市ボランティア)」に関する連携協定締結式を行いました

ここから本文です。

更新日:2019年10月8日

一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンターと札幌市「City Cast(都市ボランティア)」に関する連携協定締結式を行いました

秋元市長と渡邉一利理事長の記念撮影

(令和元年10月8日火曜日)

一般財団法人日本財団ボランティアサポートセンター(渡邉 一利・理事長)と札幌市との間で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催時に、観光案内や交通案内などを通じておもてなしを行う札幌市「City Cast(都市ボランティア)」に関する連携協定を締結するに当たり、締結式を行いました。

この協定は、同法人が持つボランティアの運営に関する専門知識やノウハウ、経験などを活かして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を成功に導くことを目的としたもので、障がいのあるボランティアへの支援に関することや機運醸成イベントに関することなどについて定められています。

大会の成功には、ボランティアの活動が非常に重要ですので、この連携協定を結ぶことによって、より素晴らしいおもてなしにつながることを期待しています。

(札幌市長 秋元 克広)

このページについてのお問い合わせ

電話番号:011-211-2036

ファクス番号:011-218-5161