ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 市長のうごき > バレーボール振興に係る「ホームタウンパートナー協定」調印式を行いました

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

バレーボール振興に係る「ホームタウンパートナー協定」調印式を行いました

協定調印式における秋元市長

(令和元年9月10日火曜日)

株式会社デンソー(有馬浩二・取締役社長)と、特定非営利活動法人ミリーソスポーツ(豊川大地・理事長)と札幌市による「ホームタウンパートナー協定」の調印式が行われました。

これは、両社が保有するバレーボールチーム「デンソーエアリービーズ」、「サフィルヴァ北海道」の活動において連携し、スポーツ振興を図るとともに、バレーボールの観戦文化の醸成や競技の裾野拡大を目的とするもの。

今後、2チームには、札幌をホームタウンとして活動していただきます。多くの市民の皆さんに、「おらが街のチーム」として試合会場に足を運んでいただき、応援していただきたいと思います。

(札幌市長 秋元 克広)