ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和4年4月18日)「春の感染拡大防止に向けた市民の皆さまへのお願い」

ここから本文です。

更新日:2022年4月18日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和4年4月18日)
春の感染拡大防止に向けた市民の皆さまへのお願い

 市民や事業者の皆さま、また札幌市医師会をはじめ、医療関係者の皆さまや介護従事者の皆さまのご尽力にあらためて感謝申し上げます。

 4月15日に開催された北海道の対策本部会議において、春の感染拡大防止に向けた具体的な取組みが決定されたことなどを踏まえ、札幌市としての今後の対応を検討するため、第38回感染症対策本部会議を開催しました。

 札幌市内の感染状況は緩やかな増加傾向が続き、それに伴い、感染性のより高いBA.2系統への置き換わりも進んでいます。第7波の入口に差し掛かっている状況であり、今後のさらなる感染拡大が危惧されています。

 こうした状況を踏まえ、札幌市では、第6波をも超える勢いで、感染が急拡大した場合であっても滞らない体制を、スピード感をもって準備を進めてまいります。

 社会経済活動を制限することなく、ゴールデンウイークを無事に乗り切るためには、マスク着用や消毒、こまめな換気など基本的な感染防止対策の徹底がますます重要となりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

 また、ワクチン接種は、感染予防効果はもちろんのこと、重症化予防にも大きな効果があります。感染拡大を抑え込み、医療提供体制を守るためにも、ご検討をお願いいたします。

 札幌市としましても、以下の取組みを進めてまいります。

  • 第6波の爆発的な感染拡大の経験を踏まえ、そのような時にも円滑に対応でき、医療へ迅速にアクセスできる万全の体制を早急に構築するとともに、発熱外来や経口薬の処方体制など、医療提供体制のさらなる整備に引き続き取り組んでまいります。
  • 第7波が警戒される状況を踏まえ、あらためて市民の皆さまに、基本的な感染対策や、ワクチンに関する正しい知識、札幌市内の検査・療養体制などについてわかりやすく情報発信し、感染防止行動の定着と、感染時の不安払拭を図ってまいります。
  • ワクチンの追加接種のさらなる促進のため、現役世代、特に今後接種の中心となる20~40代が接種しやすい環境を整備するなど、利便性の向上に取り組んでまいります。

札幌市長 秋元 克広