ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和4年3月18日) まん延防止等重点措置の終了及び年度末・年度始めに向けた市民の皆さまへのお願い

ここから本文です。

更新日:2022年3月18日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和4年3月18日)
まん延防止等重点措置の終了及び年度末・年度始めに向けた市民の皆さまへのお願い

3月17日に開催された政府の対策本部会議において、北海道に適用されている「まん延防止等重点措置」が、3月21日で終了となることが決まりました。
さらに3月18日の北海道の対策本部会議において、「まん延防止等重点措置」終了後の措置内容が決定されたことなどを踏まえ、札幌市としての今後の対応を検討するため、第37回札幌市感染症対策本部会議を開催しました。

札幌市内の新規感染者数及び病床使用率は減少傾向にあり、ワクチンの追加接種も着実に進んできています。
第6波では、過去最大規模の感染拡大に見舞われましたが、札幌市医師会をはじめ、医療関係者の皆さまや介護従事者の皆さまのご尽力に改めて感謝申し上げます。

当面は、感染リスクが高まる時期である年度末・年度始めの感染拡大の阻止が、最重要課題であり、本日開催された北海道対策本部会議においても、この考えに基づいた対策が決定されています。

市民の皆さま一人ひとりが、マスク着用や手指消毒、換気の徹底など、基本的な感染防止行動を徹底していただくとともに、事業者の皆さまには、入社式等の行事や職場内における感染防止対策の徹底などに、引き続きご協力をお願いいたします。
とりわけ、歓送迎会など大人数が集まる飲食の場面では、会話時のマスク着用が極めて重要となります。
主催者や参加者、飲食店で働く皆さまなどが一丸となって取り組むことで、安全・安心な会食の場とすることができますので、ご協力をお願いいたします。
また、まん延防止等重点措置の終了をきっかけに、さまざまな経済活動や地域での活動についても徐々に再開されていくものと思いますが、しばらくは最大限の警戒をしつつ、安全・安心を確保しながら、可能な限り日常の生活を取り戻す期間と考えていただくよう、お願いいたします。

札幌市としましても引き続き、感染の再拡大防止に向けた取組を進めてまいります。

  • 「まん延防止等重点措置」の終了と歓送迎会シーズンの到来が重なることもあり、当面は飲食店を中心として人の動きが盛んになる状況が想定されることから、経済関係団体の協力を得ながら、飲食店事業者へ感染防止対策の徹底を改めてお願いするとともに、利用者には安全・安心な飲食のスタイルを定着させるための普及啓発に取り組みます。
  • 今後の感染拡大に備え、ワクチン追加接種の更なる促進や入院受入体制及び処方体制などの医療提供体制の整備に、引き続き取り組みます。
  • 子どもの感染者が依然として多い現状を踏まえ、大人へのワクチン追加接種の促進や、小児の接種体制を確保していくとともに、感染拡大時においても確実に対応できる万全の医療提供体制や自宅療養体制を整備します。
  • 今後に向けて、感染が再拡大しないよう最大限の警戒を継続しつつ、経済活動の回復に向けた取組の準備を進めるとともに、地域活動の再開を見据え、改めて感染対策の徹底を呼び掛けていきます。

札幌市長 秋元 克広