ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年12月24日)年末年始に向けたお願いと今後の対応について

ここから本文です。

更新日:2021年12月24日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年12月24日)
年末年始に向けたお願いと今後の対応について

昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染症への対応に終始した1年でしたが、市民や事業者の皆さまのご協力により、現在、市内の感染状況は落ち着きを取り戻し、穏やかな状況であります。改めまして、感謝申し上げます。
また、札幌市医師会をはじめ医療機関、関係者の皆さまには、札幌の医療を守るため、日夜治療にあたっていただいており、また、この年末年始においても特別体制をとって市民の皆さまに必要な医療を提供するためにご協力いただきますこと、心より感謝申し上げます。

市内では、医療機関での集団感染などにより新規感染者数が増加しており、市中への広がりを警戒しているところです。
また、海外では、オミクロン株の急速な感染拡大が止まらない状況にある中、国内においてもオミクロン株の感染が相次いで確認されており、また、市中感染と見られる事例が確認されていることもあり、今後の感染拡大によりいっそう警戒が必要な状況です。

こうした状況を踏まえ、市民の皆さまには、引き続き3密の回避やマスク着用、手洗い・手指消毒の徹底など、基本的な感染対策の徹底にご協力をお願いいたします。
とりわけ、年末年始などの大型連休は感染拡大のきっかけとなりやすい時期になりますので、体調に不安を感じるときは、旅行や帰省、さまざまなイベント、初詣、職場への出勤などの外出や移動を控えてください。
仮に感染した場合であっても早期に治療薬を使用することが、重症化を防ぐことにもつながりますので、かかりつけ医や救急安心センターさっぽろ「#7119」まで早めにご連絡、ご相談ください。
ワクチンを接種すれば絶対に感染しないということではありませんが、感染した場合でも症状が軽く済むことが多く、感染に気付かずに行動してしまった事例も見られます。ワクチンを接種済の方は、ワクチンの効果を過信することなく、体調に違和感がある場合にはぜひ早期のご相談をお願いいたします。
また、年末年始は医療機関が大変混み合う時期でもありますので、感染対策はもちろんのこと、皆さん一人ひとり、体調管理や事故に気を付けていただくことが医療現場の負担軽減につながりますので、ご協力をお願いいたします。

札幌市といたしましても、今後の対策として、以下のことについて対応を進めてまいります。

  • 市中への広がりに警戒が必要な状況を踏まえて、引き続き市内の感染状況について注意深くモニタリングを続けるとともに、第5波までに整備してきた医療提供体制を基盤としつつ、外来診療体制の強化や経口治療薬の処方体制のさらなる整備に取り組みます。
  • オミクロン株について、新たな波の引き金となることが懸念される現状を踏まえて、引き続き検査や入院受入体制の整備を推し進めるとともに、職員の応援体制の拡充も含め、市中に入り込んだ場合も想定した対応を準備します。
  • ワクチン接種について、追加接種の一部前倒しという国の方針が示されたことから、接種券の送付や集団接種会場の追加設置など、希望する対象者の方が速やかに接種できるよう着実に準備を進めます。また、より多くの方に接種していただけるよう、引き続きワクチン接種の効果や今後実施が見込まれる交互接種の有効性など、安心して接種していただくための情報発信に取り組みます。

札幌市長 秋元 克広