ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年7月21日)感染再拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年7月21日)
感染再拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

市内の新規感染者やデルタ株疑いの感染者は増加傾向が続いており、7月21日の直近1週間の10万人当たりの感染者数は、25人を超える事態となっています。1日あたりの新規感染者数が70人、80人を超える日が続いており、今後、市内の入院受入病床は厳しさを増していくことが想定されます。
こうした状況を受け、7月20日に開催された北海道の対策本部会議において「まん延防止等重点措置」を国に要請するとともに、引き続き独自の強い対策に取り組んでいくことが決定されました。
これらを踏まえて、札幌市としての今後の対応を検討するため、第23回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

市民や事業者の皆さまにはご負担をお掛けいたしますが、第4波において医療が危機的な状況に陥ったことを踏まえ、引き続き強い措置を講じて、一刻も早く感染状況を改善させる必要があることをご理解いただきたいと思います。
不要不急の外出自粛やマスク着用、手指消毒などの基本的な感染防止対策の徹底に加え、とりわけ飲食、会議など人の集まる活動については場所を問わず、「できるだけ短時間」「できるだけ少人数」とし、長時間かつ大人数での活動は極力お控えいただき人との接触機会を減らすことにご協力をお願いいたします。

札幌市としましても、医療機関と連携のうえ、療養者数の増加に即応できるよう病床確保などの準備を進めるとともに、お盆休み期間中などにも医療の提供が停滞することがないよう体制を整備してまいります。
また、すでに第5波が始まっていると思わざるを得ない状況であることから、区コロナ対策室の増強などを含めた全庁的な体制構築に向けて、早期に万全の準備を整えます。
ワクチン接種につきましては、必要なワクチンが供給されるよう、他の政令市とも連携しながら、引き続き国へ要望していきます。

市有施設につきましては原則休館といたしますが、熱中症対策の観点などから一部施設を開館するほか、学校が夏休みに入りますので、円山動物園や青少年科学館、図書館など、子どもたちの成長や教育に資する施設については、感染対策を徹底した上で一部開館することといたします。

市民の皆さまにおかれましては、度重なる要請となりますが、一刻も早く感染状況を改善させるため、いま一度ご協力のほどよろしくお願いいたします。

札幌市長 秋元 克広