ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年6月25日)新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえた札幌市の取組と皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年6月25日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年6月25日)
新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえた札幌市の取組と皆さまへのお願いについて

市民の皆さまには外出自粛など、事業者の皆さまには営業時間短縮や出勤者数の削減などの要請にご協力いただいておりますこと、改めて感謝申し上げます。
皆さまのご協力によって、市内の感染状況は着実に改善しておりますが、入院患者数は高止まりの状況にあり、入院受入医療機関への負荷が継続していることから、医療提供体制は今なお厳しい状況にあります。
こうした状況に対応していくために、6月23日に新型コロナウイルス感染症対策専門家会議を開催し、さらに6月25日には第21回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、専門家からのご意見等を踏まえながら、今後の対応等について協議・検討を行いました。

  • 確保病床の更なる拡充
    今後の第5波に備えて、より多くの医療機関に御協力いただき、入院受入病床の増床を図ることに加え、透析を必要とする患者や介護を必要とする患者の受け入れなど、入院受入における役割分担を行うことにより、これまで以上に効率的な医療体制の整備を進めていきます。
  • デルタ株への対応
    現在、デルタ株の拡大が全国的に懸念されています。
    札幌市においては、まだデルタ株の感染者は確認されておりませんが、6月7日から開始しているデルタ株のスクリーニング検査について、今後さらに検査率を上げ、いち早く感知できるように努めます。
    また、デルタ株陽性者が発生した場合については、発生区を速やかに公表するとともに、区役所のネットワークを活用した注意喚起を行い、また、発生の初期段階で感染の広がりを抑えるため、発生区内の市有集会施設の休館や、民間集会施設への休館要請などを行います
  • ワクチン接種の推進
    • 基礎疾患を有する方
      6月30日(水曜日)から順次接種券を送付します。お手元に接種券が届き次第、予約が可能となります。
    • 優先接種対象者
      7月中旬から予約受付を開始します。
      クラスターリスクの防止、社会的機能の維持という観点から、介護サービス従事者、障がい者施設等従事者や保育園等の従事者、教職員、公共交通機関の従事者などを対象とします。
    • 16歳以上64歳以下の一般接種対象者
      対象者全員に、7月13日(火曜日)から一斉に接種券を送付します。
      ただし、段階的(優先接種対象者、年齢別など)に予約を開始しますので接種券が届いてもすぐに予約はできません。
      60~64歳の方は、7月下旬~8月上旬には予約開始の予定です。
      50歳代以下の方は、見通しが立った段階でお知らせいたします。
    • ワクチンロスゼロセンターの開設
      個別接種医療機関において、急な予約のキャンセルによって余ったワクチンの情報を市民の皆さまへお知らせし、当日中に接種できる方が電話で申し込める窓口として、「ワクチンロスゼロセンター」を7月1日(木曜日)から開設すべく準備を進めています。
    • 集団接種会場新設
      札幌市4か所目の集団接種会場となる「つどーむ」会場(最大3,000人/日)を7月17日(土曜日)からの接種開始を目標に準備を進めています。

8月末までに、全市民の約5割の接種完了を目標に進めてまいります。

最後に、6月20日に「緊急事態宣言」が解除され、21日から「まん延防止等重点措置」の適用へと移行し、一定条件の下、午前11時から午後7時までの酒類提供が可能となったこともあって、すすきのをはじめ、市内中心部の人出が増加傾向にあります。
市内の新規感染者数は確かに減少傾向にありますが、デルタ株の拡大を含む第5波の発生が懸念されており、決して気を緩める状況にはありません。
まだまだ、札幌においては警戒体制を継続していかなければなりません。

事業者の皆さまには、長きにわたり感染対策の徹底のほか、さまざまな自粛をお願いしているところではありますが、感染の再拡大をさせないため引き続きのご協力をお願いします。
そして、利用される市民の皆さまにおかれましても、飲食店を利用される際には会話時のマスクの着用など、感染対策の徹底をあらためてお願いいたします。
特に、お酒が入った際はマスクを外して会話したり、声が大きくなったりしますので、そうなると感染リスクが非常に高まります。再び感染が拡大しますと、飲食店等に対する酒類提供の禁止など、大変厳しい措置を取らざるを得ない状況にもなりかねません。
自分自身や大切な方の命、そして事業者の皆さまを守るためにも、決して気を緩めることなく、感染対策を徹底しながら、飲食等を楽しんでいただきたいと思います。

札幌市長 秋元 克広