ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年5月15日)緊急事態宣言発令に伴う皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年5月15日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年5月15日)
緊急事態宣言発令に伴う皆さまへのお願いについて

5月14日に開催された政府の新型コロナウイルス対策本部において、5月16日から31日まで、北海道に対して「緊急事態宣言」が新たに発令されることが決定し、さらに5月15日に北海道の対策本部会議にて、札幌市を「特定措置区域」とし、緊急事態宣言に基づくより一層の強い対策を講じることが決定されました。
これを受けて、今後の対応を検討するため、第17回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

緊急事態宣言が発令されたことにより、日常生活や仕事への影響など、今後について、不安や不満を感じている方もいらっしゃると思いますが、今の札幌は変異ウイルスの影響もあり、あらゆる場面での感染リスクが極めて高い危機的な状況にあります。
変異株の感染では、これまで重症化リスクが低いと言われていた20代や30代であっても、酸素投与が必要となるなど、入院が必要な状態にまで悪化するケースが増えており、若い世代への脅威も一層高まっております。
また、医療体制は、実質的な病床使用率が98%と、ほぼ満床の危機的な状態が続いており、年代に関わらず、すぐに入院することが難しい状況も続いています
長期間にわたり、皆さまには自粛をお願いしている状況でございますが、変異型ウイルスは、全く新しいウイルスと言っていいほど、驚異的な感染力を持つウイルスであり、感染者数を抑えていくためには、ここでしっかり人の流れを止めていくことが不可欠です。

市民の皆さまには、引き続き、ご負担をお掛けいたしますが、ご自身や大切な人の命と健康を守るためにも、どうか、外出自粛の徹底にご協力をお願いいたします。
また、やむを得ず外出する場合であっても、一歩外に出れば、どこで感染してもおかしくない、札幌はいま、そういう危険な状況にある、ということを念頭に置いていただき、マスクの着用や、手指消毒、3密の回避など、基本的な感染防止対策をあらゆる場面で徹底していただくようお願いいたします。

事業者の皆さまにも、度重なる要請、今回は休業という大変なご負担をお掛けしてしまうことは承知をしているところですが、この危機を脱するために、ご理解とご協力をお願いいたします。

札幌市長 秋元 克広