ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年5月8日)「まん延防止等重点措置」の適用にかかる皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年5月8日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年5月8日)
「まん延防止等重点措置」の適用にかかる皆さまへのお願いについて

市民や事業者の皆さま、医療従事者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に、ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

5月7日の政府対策本部会議の決定を受け、5月8日の北海道対策本部会議において、5月9日から31日まで、札幌市に対して「まん延防止等重点措置」の適用が決定されました。
しかしながら、札幌は感染状況、医療提供体制ともに、緊急事態宣言レベルの危機的状況であり、ここで感染拡大を抑え込むために、強い措置を講じることとなりました。事業者、市民の皆さまには、大変なご負担を強いることとなりましたが、何とかここで感染拡大を抑えるため、ご理解・ご協力をお願いしたいと思います。

「まん延防止等重点措置」の適用を受けた具体的な取り組みについてお知らせします。 

【市民の皆さまへのお願い】

  • 不要不急の外出・市外との往来を自粛すること
  • 午後8時以降、飲食店の利用を控えること
  • 感染防止の徹底・営業時間短縮に応じない飲食店の利用を自粛すること
  • 路上・公園における集団での飲酒を控えること

【事業者の皆さまへのお願い】

  1. 市内全域の飲食店等の皆さまへのお願い
    5月12日以降、営業時間は引き続き午前5時から午後8時までとし、酒類提供は終日控えてください
    店舗利用者へのマスク着用などの感染防止対策の周知や、アクリル板の設置など、引き続きご協力をお願いします(5月12日以降は、特措法第31条の6に基づく要請となります)。
    5月12日から31日までの要請期間中の全てにおいて、ご協力いただいた事業者の皆さまには、支援金を支給させていただきます。
  2. 飲食店以外の施設へのお願い
    5月12日から営業時間を午後8時までとするほか、施設の種類に応じた人数制限等にご協力いただきますようお願いします。
  3. イベント開催にあたってのお願い
    5月11日から人数の上限を5,000人以下とするとともに、イベントの内容に応じて、収容率100%以内もしくは50%以内とするほか、無観客の場合を除いて、会場の営業時間を午後9時までとさせていただきます。
  4. その他事業者の皆さまへのお願い
    時差出勤やテレワーク、休暇の取得促進などによる、出勤者数の7割削減へのご協力をお願いいたします。
    また、主要な観光施設等におけるライトアップや、繁華街における屋外広告について、午後8時以降の夜間消灯のご協力を引き続きお願いします。

事業者の皆さまには、度重なる要請により大変な負担となっていることを承知しているところですが、さらなる感染の拡大を抑え込むために、ご協力をお願いいたします。

札幌市では、事業者への支援として、5月10日から「事業者向けワンストップ窓口」を強化し、各種支援制度の申請書類作成サポートを開始するほか、市内事業者の皆さま向けの経営・金融相談等を札幌商工会議所と協力して実施しますので、ご活用いただければと思います。
さらに、事業者のテレワーク導入を支援するため、「札幌市テレワーク推進サポートセンター」を開設したほか、5月10日から、テレワークの導入費用に対する補助を開始します。

地下鉄・路面電車については、5月12日から地下鉄の最終電車を概ね30分、路面電車を概ね20分、それぞれ繰り上げ、また、市立学校においては、部活動の原則休止や修学旅行などの実施見合わせを引き続き要請するとともに、新たに運動会についても、5月9日から延期や縮小するよう要請します
そのほか、市有施設については5月31日まで原則休館します。

札幌は、感染状況と医療提供体制ともに、緊急事態宣言レベルの危機的な状況となっております。
「まん延防止等重点措置」の期間である5月31日までに、市内の感染状況や医療提供体制を改善させ、安心してワクチン接種を受けられる環境を整備していきたいと考えております。
市民や事業者の皆さまには、引き続き、ご負担をお掛けいたしますが、人と人との接触を徹底的に減らすため、お伝えした各種取り組みへのご理解とご協力をいただきますとともに、マスク着用など、基本的な感染対策も徹底していただきますよう改めてお願いいたします。

 

札幌市長 秋元 克広