ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年4月2日)感染拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年4月2日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年4月2日)
感染拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

市民や事業者の皆さまには、感染対策にご理解・ご協力いただいておりますこと、また医療従事者の皆さまには、長期に渡り、懸命に治療にあたっていただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

北海道が、札幌市に対し「警戒ステージ4相当」の強い措置を講じることを決定し、市民の皆さまに、感染リスクを避けられない場合における不要不急の外出や市外との往来はお控えいただくようお願いして1週間が経過しました。

現下の感染状況は、全国的に拡大傾向にあるところですが、札幌市においても感染者数・入院者数が増加しており、予断を許さない状況が続いております。
何とかここで感染拡大を抑え込まなければなりません。抑え込めなければ、より強い措置の検討を北海道に要請しなければならない、その瀬戸際の状況にあることをご理解いただきたいと思います。

変異株は、「感染しやすい」「重症化しやすい」「療養期間が長い」という特性があると言われています。3月25日に開催した専門家会議において、変異株に関しては、市民の皆さまに積極的に情報提供し、注意喚起を強化すべきとのご意見をいただいたことを踏まえ、今後は、週単位で区別の感染状況を発信していくこととしました。
3月24日から30日までの期間は、特に、南区にお住まいの方の新規感染者数が多く、「変異株疑い」と確認された件数も多くみられるなど、すすきの地区といった市内中心部ではなく、地域での活動などによる感染も増えてきています。
今後の感染拡大を抑えるためには、日ごろからの感染対策について、今まで以上に徹底することが重要です。

引き続き、皆さまには、ご負担をお掛けいたしますが、身近なところで、感染が広がっている可能性があるということを十分にご認識いただき、

  • 3密の回避
  • マスクの着用
  • こまめな手指消毒

を行っていただくなど、今まで以上に感染対策に取り組んでいただくようお願いします。

札幌市におきましても、引き続き、関係機関と連携し、今後の感染拡大や病床のひっ迫を防ぐため、変異株対応や医療提供体制の強化を進めるなど、感染拡大防止に取り組んでまいります。

 

札幌市長 秋元 克広