ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年3月26日)感染拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年3月26日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年3月26日)
感染拡大防止に向けた皆さまへのお願いについて

市民や事業者の皆さまには、日頃より感染対策にご理解・ご協力いただいておりますこと、また医療従事者の皆さまには、長期に渡り、治療にあたっていただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

3月26日、北海道の対策本部会議が開催され、札幌市での感染拡大を抑え込み、全道への拡大を防ぐため、3月27日から4月16日までの3週間について、札幌市に対し「警戒ステージ4相当」の強い措置を講じていくことが決定されました。
これを踏まえ、札幌市においても、第23回札幌市感染症対策本部会議を開催し、感染拡大防止に向けた、取り組みの強化について協議を行いました。

市内の感染状況は、変異株の影響もあり、新規感染者数が道の警戒ステージ4の水準まで上昇しており、予断を許さない状況です。
このため、これ以上の感染拡大や病床のひっ迫を防ぐためにも、北海道と協議のうえ、市民の皆さまには、感染リスクを回避できない場合

  • 市内における不要不急の外出自粛
  • 市外との不要不急の往来の自粛

の協力要請を行うことといたしましたので、ご協力をお願いいたします。

また、就職や入学などの人の移動や会食の機会が多い時期ではあります。
「3密の回避」、「マスクの着用」、「手洗い」などの基本的な感染対策を徹底していただくとともに、特に、変異株は感染力が高いと言われていることから、マスクの着用は元より、手指消毒の回数をこれまでの2倍にするくらいの一段高いレベルの感染対策の徹底をお願いいたします。

仮に、市内の新規感染者数(週合計)が増加し、人口10万人当たり25人に近づく、または超えるような事態となれば、特措法に基づく「まん延防止等重点措置」も含めて、時短等のより強い措置を検討するよう北海道に要請しなければならなくなると考えております。
何としても感染再拡大をさせないためにも、今ここで、抑え込む必要があります。

札幌市としても、疫学調査や検査体制の強化を引き続き行い、感染拡大を抑え込むとともに、万全の医療体制とするよう関係機関と連携し、努めてまいります。

市民の皆さまにおかれましても、この3週間、感染防止行動の徹底を強くお願いいたします

 

札幌市長 秋元 克広