ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年3月19日)今後の感染拡大防止対策及び皆さまへのお願いについて

ここから本文です。

更新日:2021年3月19日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和3年3月19日)
今後の感染拡大防止対策及び皆さまへのお願いについて

「集中対策期間」が3月7日に終了してから、約2週間が経過しようとしています。また3月21日には、首都圏における「緊急事態宣言」も解除が決定され、時期的にも、人の移動が増えることが予想される中、直近では、新規感染者数が増加傾向にあり、感染経路不明の方の割合も増えてきています。

最近では、家庭内や個人活動などの場面で感染が広がっていますが、なかには学校での部活動や、学生などの若い方々の会食といった事例が確認されており、マスクを外しての会話や、換気が不十分な場所での活動といった行動も見られていることから、自分が感染するかもしれない、自分が感染しているかもしれない、という意識で行動することが必要です。
また、高齢者が参加する集会に関連する集団感染事例も発生しています。高齢者の方が感染すると、重症化する可能性もあることから、
主催者の皆さまにおかれましては「換気」「マスク着用」「座席間隔の確保」などに気を付けていただき
参加者の皆さまにおかれましても「小声」「手指消毒」「マスク着用」などを徹底し、体調に不安がある場合には、参加を控えるようお願いします。

変異株検査については、2月28日から市衛生研究所において、スクリーニング検査を実施しており、札幌市では、今後は、陽性者全体の7割程度の検査を実施し、市内の変異株の広がりを把握することで、早期発見により感染拡大を抑え込んでいきたいと考えております。

医療機関や高齢者施設等におけるクラスター対策としては、定期的なPCR検査を実施しており、集団感染の発生を未然に防ぐためにも、引き続き、実施をしてまいります。

外来・入院体制について、今後は、無症状や軽症の方で、介護等が必要な高齢者などを中心に受け入れる医療機関の体制を追加する「札幌市モデル」の構築を目指してまいります。

現在、新規感染者数が増加傾向にあり、変異株も確認されるなど予断を許さない状況にあります。変異株は感染力が強いと言われておりますが、基本的な感染対策は変わりません。

  • 3密の回避
  • マスクの着用
  • 手洗い

といった、これまで実践してきた感染対策を、いま一度、徹底して取り組んでいただくことが重要です。

加えて、

  • 体調が悪い時には外出は控える
  • 感染対策が取れないような場所への訪問を控える

といった行動を取っていただくよう、お願いいたします。

 

これから、転勤や進学、就職に関する人の動きもピークを迎えます。入学式や入社式などの行事については、感染対策を徹底するとともに、

  • 歓送迎会等は控えてください。
  • 飲食の場では、少人数で、短時間で大声を出さず「黙食」

でお願いいたします。

そして何よりも、感染を広げないためには、早期発見が重要です。
発熱以外にも咳、のどの痛み、下痢等、体調が悪い場合には、かかりつけ医や「#7119」にお電話し、早めの受診を心がけていただくよう、お願いいたします。

最後になりますが、昨年のような感染拡大を繰り返さないためにも、いま一度、気を引き締めて、感染症対策を取っていただきますよう、市民・事業者の皆さまにはご協力をお願いいたします。
札幌市におきましても、引き続き、関係機関と連携し、感染拡大防止に取り組んでまいります。

 

札幌市長 秋元 克広