ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年12月11日)集中対策期間の延長について

ここから本文です。

更新日:2020年12月11日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年12月11日)
集中対策期間の延長について

札幌市では、北海道と連携し、12月11日までを集中対策期間と位置付け、感染拡大の防止対策に取り組んでいるところでありますが、12月10日に、北海道の新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、集中対策期間を来年1月15日まで延長するとともに、札幌においては、引き続き「警戒ステージ4」相当の強い措置を講じていくことが決定されました。
このことを受け、今後の札幌市の対応を検討するため、第20回札幌市感染症対策本部会議を開催しました。

これまでの長期に渡る集中対策期間において、市民や事業者の皆さんには、多大なご協力をいただいたことについて、改めて感謝申し上げます。
とりわけ、医療従事者の皆さまにおかれましては、厳しい環境の中、懸命に治療にあたっていただいておりますこと、深く感謝申し上げます。

市内の感染状況は改善の兆しも見えつつあるところですが、依然として医療提供体制はひっ迫しており、医療従事者の確保が難しい年末年始は更に厳しい状況となることが危惧されております。

このため、年末年始に向けて、医療従事者の皆さんにかかる負担を少しでも抑えるため、12月25日までは、引き続き、

  • 感染リスクを回避できない不要不急の外出や、市外との不要不急の往来を控えること
  • 市内の接待を伴う飲食店の利用を控えること
  • すすきの地区において、22時から翌日5時まで酒類を提供する施設の利用を控えること

をお願いいたします。

また、これから来月にかけて、人が集まる行事が続きます。集中対策期間である1月15日までは、マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動の更なる徹底をお願いいたします。
忘年会や新年会などは、

  • オンラインなど新しい楽しみ方や開催方法について検討すること
  • 同居の家族以外との5人以上の集まりは控えること。
  • 2時間を超える長時間の飲食を控えること。
  • 外で飲食をする場合は、BGMが静かな店舗の利用など、大声を出さずに会話できる環境の店舗を選択し、長時間飲食をしないように複数店舗を利用せず、1次会で帰宅すること。
  • 飲酒後は大声になりやすいので、帰りの交通機関等での会話は控えること

を徹底してください。
年越しなどの行事についても、感染対策が徹底されていない、感染リスクを回避できない場合には、参加を控えるようにしてください。
また、例年、年末年始に帰省や旅行をされる方も多いと思いますが、大切なご家族やご友人を守るため、帰省や旅行を極力控え、テレビ電話やオンラインなどの活用といった新しい方法も検討していただきたいと思います

事業者の皆さんにおかれましては、「新北海道スタイル」に示す感染拡大防止対策を再確認のうえ、テレワークや時差出勤などに取り組んでいただくほか、この冬は、年末年始のあいさつ回りは控えていただくことや、休憩場所や食事場所など、職場において感染リスクが高い場所での行動について再点検するなど感染拡大防止の徹底をお願いいたします。

また、接待を伴う飲食店及びすすきの地区にある酒類提供を行う飲食店や、カラオケ店、料理店などにおかれましては、引き続き、休業および営業時間の短縮等につきまして、改めて協力要請させていただくこととなりました。
引き続き、大変なご負担をお掛けしますが、市内の医療体制の負荷を抑えるため、ここで感染拡大を徹底的に抑え込むことが必要ですので、ぜひとも、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、休業要請の解除後を見据えた継続的な対策として、感染リスクを低減させながら、その水準を維持するために、すすきの地区の接待を伴う飲食店を対象とした意見交換会・勉強会の開催や、定期的なPCR検査受検などの支援の実施などについても検討してまいります。

医療提供体制がひっ迫している現状においては、市民の皆さん一人ひとりが、体調管理にご留意いただくとともに、交通事故等で病院にかからぬよう、十分に、気を付けてお過ごしいただくことが重要となります。この冬は、例年以上に、自分自身の身を守る意識を強く持ち、良い年末年始をお過ごしいただければと思います。
もし万が一発熱された場合には、ご自身のかかりつけ医か、#7119にお電話のうえ、早めに医療機関を受診されますようお願いいたします。

札幌市では、引き続き、市民の皆さまが安心して生活できるよう関係機関と連携し、全庁一丸となって感染症対策に取り組んでまいりますので、1月15日までの間、感染拡大を徹底して抑え込むためにも、引き続きの皆さまのご協力をお願いします。

札幌市長 秋元 克広