ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 札幌市長のページ > 秋元市長のサッポロスマイルニュース > 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年5月26日)新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年5月26日

市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年5月26日)
新型コロナウイルス感染症について

5月25日(月曜日)に政府と北海道の感染症対策本部が開催されたことを受けて、今後の対応を協議するため、第9回札幌市感染症対策本部会議を開催しました。

政府の新型コロナウイルス感染症対策本部において、北海道を含む全国で、特措法に基づく緊急事態宣言の解除が決定されました。
このことは、市民の皆さんが、大変なご不便とご苦労を抱えつつも、各種対策の実施にあたり最大限のご協力をいただいていた成果であります。まずもって、このことについて感謝申し上げたいと思います。

しかしながら、市内では、新規感染者が日々確認されており、また、新たなクラスターも発生するなど、いまだ感染拡大の危険性と隣り合わせの状態です。こうしたことから、緊急事態宣言は解除となりましたが、市民生活や社会経済活動を順次再開していくには、感染リスクを最小とする工夫をしながら、徐々にかつ慎重に活動を広げていく必要があると考えています。

そこで市民の皆さまにお願いします。
国の基本的対処方針に基づき、少なくとも5月31日までは、これまでどおりの外出自粛と市外との往来自粛について、継続していただきますようお願いします。また、外出せざるを得ない場合でも、マスクを着用し、「3つの密」を避けソーシャル・ディスタンスを確保するなど、感染リスクの軽減を心がけてください。仕事に従事される方は、在宅勤務や時差出勤などにご協力をお願いします。そして、日常生活においては、「新しい生活様式」を実践してくださいますようお願いします。

次に、事業者の皆さまにお願いです。休業要請の一部解除となりましたが、事業再開にあたって、以下のことについて慎重にご判断いただくようお願いいたします。

  • 感染予防の対策をしっかり行っていただくこと
  • 「新北海道スタイル」安心宣言などを活用し、利用者が安心して過ごすことができる取組を実践していただくこと

札幌市としましても、第3波への備えに向けて、感染拡大の兆候をいち早く捉え、市民に発信していく手法等について、北海道と連携して検討を進めます。また、5月28日からの第2回定例市議会に提案している、緊急対策第3弾の取組についても、速やかに対策を進められるよう、スピード感をもって事務を進めます。
市有施設の再開等について、一部の施設はすでに再開していますが、その他の施設については北海道において6月1日以降の取扱いを整理・検討されています。それが決まり次第、速やかに対応できるよう準備を進めます。

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルスの脅威は去っておらず、ウイルスが0になったわけでもありません。感染症対策を緩めることなく、引き続き、市政における重点課題として対応していきますので、市民の皆さまにおかれましても、「新しい生活様式」についてご理解いただき、そしてそれを実践していただきますよう、ご協力をお願いします。

 

札幌市長 秋元 克広