ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI > 職域接種を行った場合の接種費用の請求方法について

ここから本文です。

更新日:2021年8月2日

職域接種を行った場合の接種費用の請求方法について

札幌市内の医療機関又は企業内診療所で職域接種を行った場合の、医療機関又は企業内診療所における費用請求方法をお知らせいたします。

請求方法

札幌市民の分

1か月分の予診票と市区町村別請求書を取りまとめのうえ、請求総括書とあわせて、翌月7日(土、日、祝日の場合は翌平日)までに、下記事務センターあてにご郵送ください。

 〔事務センター〕

郵送先:株式会社恵和ビジネスエントリー事業部4階

〒060-0062

札幌市中央区南2条西12丁目324-1

札幌市民以外の分

1か月分の予診票と市区町村別請求書を取りまとめて、翌月10日(土、日、祝日の場合は翌平日)までに下記国保連あてにご提出ください。

札幌市民以外の分のみの請求の場合は、請求総括書を予診票と市町村別請求書と一緒に国保連あてにご提出ください。

 〔国保連〕

郵送先:北海道国民健康保険団体連合会

〒060-0062

札幌市中央区南2条西14丁目

口座番号の届出について

職域接種の実施に伴い、保険医療機関コード等に相当する類似コードが新規に付番された場合は、「新型コロナワクチン接種に係る費用の請求及び受領に関する届」を下記のいずれか早い日付までに、国保連あてにご提出ください。

  • 初回請求時
  • 集合契約に参加した月の翌月20日まで

新型コロナワクチン接種に係る費用の請求及び受領に関する届(PDF:31KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

電話番号:011-211-6489

ファクス番号:011-211-3102