ここから本文です。

更新日:2023年1月6日

接種証明書(書面)について

マイナンバーカードをお持ちでない等、アプリでの申請ができない場合は、書面の接種証明書を申請することができます。
接種証明書は「海外及び日本国内用」「日本国内用」の2種類ありますので、用途に応じて必要な接種証明書を申請いただくようお願いいたします。
申請は郵送のみで受け付けております。
感染拡大防止の観点から、窓口は設けておりませんので、ご理解いただきますようお願いいたします。

【接種証明書イメージ】

「海外及び日本国内用」

「日本国内用」

※2021年12月19日までに発行された、2次元コードのない接種証明書の使用可否については、提示を求める国の判断になります。適宜、渡航先政府のホームページや、外務省海外安全ホームページなどでご確認ください。

注意事項

  • 本市で申請書を受領してから発送まで、5~7営業日程度お時間をいただきます。(※営業日:土日祝及び12月29日~1月3日を除く平日)ただし、申請が集中した場合や、市外の医療機関でワクチンを接種している場合には、さらにお時間をいただくことがありますので、海外渡航の予定がある場合などは、ゆとりを持って計画的に申請をお願いいたします。
  • 接種証明書は普通郵便でお送りします。速達、簡易書留、特定記録など、他の区分での郵送を希望する場合は、レターパックや必要な料金分の切手を貼った返信用封筒を同封してください。(参考:郵便局のお届け日数の目安(外部リンク))
  • 書類不備や確認事項がある場合、申請者へ電話連絡することがありますので、連絡先電話番号は必ず記載してください。

必要書類

「海外及び日本国内用」の場合

必須書類

  1. 交付申請書(PDF:894KB)
  2. 海外渡航時に有効なパスポート(身分事項記載ページ)の写し
  3. 接種券の写し(見本(PDF:924KB)
    (医療従事者等で接種券を使用していない場合は接種記録書の写し(見本(PDF:174KB)))

※上記接種券の写し・接種記録書の写しの見本は「1・2回目」「3回目」「4回目」のものを掲載しております。証明書に記載が必要な接種回数に応じた接種券の写し・接種記録書の写しをご提出ください。

場合によって必要な書類

本人の住民票所在地または代理人住所以外に送付する場合
  • 送付先を確認できる書類(社員証、学生証、公共料金の請求書など)

  ※添付されていない場合は、ご本人に連絡して追加提出をお願いしています。お急ぎの場合は特に、確実に添付してください。

代理人が申請する場合
  • 委任状(PDF:56KB)(様式は任意です)
  • 代理人の本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)
パスポートに旧姓・別性・別名の表記がある場合
  • 旧姓・別性・別名が確認できる本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など)
種済証等に記載されている氏名(通称名など)が旅券と異なる場合
  • 旅券に記載されている本名と通称名の対応が確認できる書類(本名と通称名が併記された個人番号カード、在留カード等)

「日本国内用」の場合

申請をする前に…「接種済証」や「接種記録書」でも接種事実を証明できます。

必須書類

  1. 交付申請書(PDF:879KB)
  2. 本人確認書類
  3. 接種券の写し(見本(PDF:924KB)
    (医療従事者等で接種券を使用していない場合は接種記録書の写し(見本(PDF:174KB)))

※上記接種券の写し・接種記録書の写しの見本は「1・2回目」「3回目」「4回目」のものを掲載しております。証明書に記載が必要な接種回数に応じた接種券の写し・接種記録書の写しをご提出ください。

場合によって必要な書類

本人の住民票所在地または代理人住所以外に送付する場合
  • 送付先を確認できる書類(社員証、学生証、公共料金の請求書など)

  ※添付されていない場合は、ご本人に連絡して追加提出をお願いしています。お急ぎの場合は特に、確実に添付してください。

代理人が申請する場合
  • 委任状(PDF:56KB)(様式は任意です)
  • 代理人の本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)
別名併記(旧姓・別姓・別名)を希望する場合
  • 旧姓・別性・別名が確認できる本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など)

送付先(共通)

〒060-8405
札幌市保健所ワクチン接種担当部

※郵便番号と宛名のみで届きます。また、封筒に「ワクチン接種証明書 申請書在中」と記載してください。

発行手数料

無料

Q&A

Q1:住民票がある市町村とワクチンを接種した市町村が違う場合、接種証明書はどこに申請すべきですか?
→ワクチン接種を受けた時点で住民票があった自治体に申請してください。

Q2:引っ越しなどで、1回目、2回目、3回目、4回目で接種時に住民票があった市町村が異なる場合は、札幌市でまとめて証明を出せますか?
→接種時に札幌市に住民票があった分のみの証明を発行します。1回目、2回目、3回目、4回目で接種時に住民票があった市町村が異なる場合、接種証明書はそれぞれの市町村に申請してください。

Q3:別名併記(旧姓・別姓・別名など)の取扱いはどうなりますか。また、「海外渡航用」の申請の際に、接種済証やマイナンバーカードとパスポートで表記が異なる場合は、どちらの表記の証明書が発行されますか。
→海外渡航用の接種証明書は、パスポートの表記に合わせます。
 日本のパスポートをお持ちの方でパスポートに別名併記がある場合、接種証明書にも別名等を記載することが可能です。
 外国のパスポートをお持ちの方は、パスポート下部の機械読み取り部の表記と一致させます。
 もしパスポートに別名等の記載があっても、機械読み取り部に表記がない場合は接種証明書に記載できません。

→国内用の接種証明書は、併記の有無を選択できます。併記する場合は、旧姓・別姓・別名を確認できる本人確認書類の写しが必要です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。