ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

ここから本文です。

更新日:2022年1月17日

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」(通称:ワクチンパスポート)とは、予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、被接種者からの申請に基づき交付するものです。

ワクチン接種証明書には、氏名、生年月日、接種記録等が日本語、英語、2次元コードで記載されており、パスポート情報等の記載がある「海外用及び日本国内用」と、パスポート情報等の記載の無い「日本国内用」の2種類が、書面又は電子版で交付可能です。

海外渡航を目的として申請する場合は、外務省のホームページ(外部リンク)で、渡航先の国や地域で接種証明書を提示することで防疫措置の緩和などが認められるかをご確認ください。なお、国内では、この証明書がなくても、接種時にお渡しする接種済証等で接種の事実を示すことができます。

接種証明書(電子版)について

2021年12月20日より、マイナンバーカードをお持ちの方は、政府が提供する公式アプリから電子版の接種証明書を取得することができます。
アプリは、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。
ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が登録されている場合は、即時発行が可能です。

電子証明書のポイント

アプリの利用方法について

利用手順1(PDF:1,090KB)利用手順2(PDF:698KB)

 

※ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録データが登録されていない場合等は、利用できないことがあります。接種証明書アプリについての詳細は、デジタル庁のホームページ(外部リンク)でご確認下さい。

必要なもの

  1. マイナンバーカードを読み取れるスマートフォン(iOS13.x以降もしくはAndroid OS8.x以降でNFC Type B対応の機種)
  2. マイナンバーカード(※4桁の暗証番号が必要)
  3. パスポート(海外用のみ)

【マイナンバーカードについて】

  • 4桁の暗証番号は、マイナンバーを受け取った際にご自身で設定した番号(券面事項入力補助用暗証番号)です。
  • 暗証番号を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、お住まいの区の区役所戸籍住民課での再設定が必要です。
  • マイナンバーカードを取得する場合、申請から交付の準備ができるまで概ね1ケ月かかります。計画的に申請いただくようお願いします。
  • (参考)マイナンバーカード(個人番号カード)のページ

アプリに関するお問合わせ先

アプリの操作方法に関するすること】
デジタル庁問い合わせフォーム(外部リンク)

【接種証明書の制度一般に関すること】
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターフリーダイヤル
0120-76-1770

マイナンバーカードに関すること】
マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178

接種証明書(紙)について

マイナンバーカードお持ちでない等、アプリでの申請ができない場合は、紙の接種証明書を申請できます。
申請は郵送のみで受け付けております。
感染拡大防止の観点から、窓口は設けておりませんので、計画的な申請をお願いいたします。

【証明書イメージ】(←国内・海外兼用 日本国内用→)

海外渡航用 日本国内用

申請できる方

新型コロナウイルスのワクチンの接種時に札幌市に住民票があった方(札幌市が発行した接種券で接種を受けた方)

注意事項

  • 本市で申請書を受領してから発送まで、1週間~10日程度お時間をいただきます。
  • 申請が集中した場合や、市外の医療機関でワクチンを接種している場合には、さらにお時間をいただくことがありますので、海外渡航の予定がある場合は、ゆとりを持った申請をお願いいたします。
  • 証明書は普通郵便でお送りします。速達、簡易書留、特定記録など、他の区分での郵送を希望する場合は、レターパックや必要な料金分の切手を貼った返信用封筒を同封してください。
  • 書類不備や確認事項がある場合、申請者へ電話連絡することがあります。
  • 1回の申請につき、1枚交付します。複数枚ご希望の場合はコピーしてお使いください。

【海外用及び日本国内用】必要書類

2021年12月19日までに発行された、2次元コードのない接種証明書の使用可否については、提示を求める国の判断になります。適宜、渡航先政府のホームページや、外務省海外安全ホームページなどでご確認ください。

必須書類

  1. 交付申請書(PDF:894KB)
  2. 海外渡航時に有効なパスポート(身分事項記載ページ)の写し
  3. 接種券の写し(PDF:329KB)
    (医療従事者等で接種券を使用していない場合は接種記録書の写し(PDF:37KB)

場合によって必要な書類

本人の住民票所在地または代理人住所以外に送付する場合

送付先を確認できる書類(社員証、学生証、公共料金の請求書など)
※添付されていない場合は、ご本人に連絡して追加提出をお願いしています。お急ぎの場合は特に、確実に添付してください。

代理人が申請する場合

  • 委任状(PDF:56KB)(様式は任意です)
  • 代理人の本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)

パスポートに旧姓・別性・別名の表記がある場合

旧姓・別性・別名が確認できる本人確認書類の写し(マイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など)

【日本国内用】必要書類

申請をする前に…「接種済証」や「接種記録書」でも接種事実を証明できます。

  • 日本国内では、使用済み接種券の右側の「予防接種済証」「接種記録書」も、引き続き接種事実を証明する書類としてお使いいただけます。
  • 接種済証の再発行を希望する場合は、「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証について」のページから申請方法をご確認ください。

【予防接種済証と接種記録書(見本)】

zumisho_sample_thumb接種記録書

 

必須書類

  1. 交付申請書(PDF:879KB)
  2. 本人確認書類
  3. 接種券の写し(PDF:329KB)
    (医療従事者等で接種券を使用していない場合は接種記録書の写し(PDF:37KB)

場合によって必要な書類

本人の住民票所在地または代理人住所以外に送付する場合

送付先を確認できる書類(社員証、学生証、公共料金の請求書など)
※添付されていない場合は、ご本人に連絡して追加提出をお願いしています。お急ぎの場合は特に、確実に添付してください。

代理人が申請する場合

  • 委任状(PDF:56KB)(様式は任意です)
  • 代理人の本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)

送付先(海外用・国内用共通)

〒060-8405
札幌市保健福祉局ワクチン接種担当部

※郵便番号と宛名のみで届きます。また、封筒に「ワクチン接種証明 申請書在中」と記載してください。

発行手数料

無料

Q&A

住民票がある市町村とワクチンを接種した市町村が違う場合、接種証明書はどこに申請すべきですか?
ワクチン接種を受けた時点で住民票があった自治体に申請してください。

引っ越しなどで、1回目、2回目、3回目で接種時に住民票があった市町村が異なる場合は、札幌市でまとめて証明を出せますか?
→接種時に札幌市に住民票があった分のみの証明を発行します。1回目、2回目、3回目で接種時に住民票があった市町村が異なる場合、接種証明書はそれぞれの市町村に申請してください。

パスポートと接種済証で氏名の表記が違う場合(旧姓、別性、別名、通称など)、接種証明書ではどちらの表記になりますか?
→証明書に記載する名前はパスポートの表記と一致させます。申請時には旧姓、別性、別名などが確認できる本人確認書類をお持ちください。

パスポートと異なる氏名の表記は可能ですか?
→海外渡航時に利用するため、接種証明書に記載する氏名の表記は、パスポート下部の機械読み取り部分と一致させる必要があります。したがって、現在お持ちのパスポートと異なる表記を希望する場合は、まずパスポートの修正手続を行ってから、接種証明書を申請してください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。