ここから本文です。

更新日:2023年2月2日

<お知らせ>

  1. 令和5年4月以降の接種については国が検討中です【令和5年1月31日更新】実施期間(項目リンク)オミクロン株対応ワクチンの接種Q&A(ページリンク)
  2. 12月14日より、モデルナ社のオミクロン株対応ワクチンについて接種可能年齢が18歳→12歳以上に引き下げられました。【令和4年12月15日更新】ワクチンの種類(項目リンク)

オミクロン株対応ワクチン接種について【令和4年11月8日更新】

  • オミクロン株対応ワクチンの追加接種について、令和4年9月20日から接種開始となりました。また、11月8日より、オミクロン株対応ワクチンに代えて、武田(ノババックス)社の従来株ワクチンを接種することも可能となりました。
  • 現時点では、オミクロン株対応ワクチンは複数回接種は想定しておらず、追加で1人1回のみ接種できます。また、オミクロン株対応ワクチン接種後は、その後追加で新型コロナワクチン接種を受けることはできません。
  • オミクロン株対応ワクチン接種を希望の方は「オミクロン株対応ワクチンの接種判断(ページリンク)」を参考にして、接種可能の是非等をご確認ください。

概要について

現時点の追加接種の有効性・安全性に関する知見や諸外国における対応状況を踏まえ、重症化予防効果や感染予防効果、発症予防効果を目的として、1・2回目接種を終了した12歳以上の全ての住民に対し実施いたします。

期待される効果

現在流行しているオミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来ワクチンを上回る重症化予防効果や、短い期間である可能性はあるものの、感染予防効果や発症予防効果が期待されます。また、オミクロン株と従来株の両方の成分を含み、2種類の異なる抗原が提示されていることから、これらにより得られる多様な免疫反応は、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いと期待されます。

接種対象者【令和4年11月8日更新】

1・2回目接種を完了し、前回の接種から3か月を経過した12歳以上の方(3回目以降の接種券をすでにお持ちの方は接種可能)

使用するワクチン

 ワクチンの種類【令和4年12月15日更新】

従来株及びオミクロン株BA.1又はBA.4-5に対応した2価ワクチン

※説明書は「厚生労働省新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材(外部ページ)」で取得できます。

 接種間隔【令和4年11月28日更新】

  • オミクロン株対応ワクチンは、前回接種から3か月以上経過後に1回接種

※現時点では、オミクロン株対応ワクチンは複数回接種は想定しておらず、追加で1人1回のみ接種できます。

※現在接種可能なワクチンのまとめ…ワクチンの種類(2022年12月14日時点)(PDF:517KB)

 実施期間【令和5年2月2日更新】

令和4年9月20日から令和5年3月31日まで

※令和5年4月以降の接種については国が検討中で、基本方針部会で方針を取りまとめたうえで、予防接種・ワクチン分科会で今後の方針を決める予定です。

<現在の検討状況>

・令和5年1月26日:第51回ワクチン分科会予防接種基本方針部会(外部ページリンク)

・令和5年2月8日に開催予定:第52回ワクチン分科会予防接種基本方針部会(外部ページリンク)

・令和4年度内に開催予定:予防接種・ワクチン分科会(未開催)

接種券について

接種券をお持ちの方

未使用の3~4回目接種券をお持ちの方は、当該接種券を用いてオミクロン株対応ワクチンの接種が可能です。

※接種券を紛失された方については、以下のリンク先のページを参考に再発行がが必要です。

接種券をお持ちで無い方

接種可能日以降、おおむね1週間以内に届くよう発送いたします。

予約について

 医療機関【令和4年11月8日更新】

予約方法(個別医療機関での接種(ページリンク)

医療機関へ直接電話、インターネット等で予約

ワクチン

ファイザー社のオミクロン株BA.4-5対応型ワクチン

訪問接種

申込方法(新型コロナウイルスワクチン訪問接種の実施について(ページリンク)

指定のメールアドレスに必要事項を記入のうえ申込

ワクチン

モデルナ社のオミクロン株対応型ワクチン

 集団接種会場【令和4年11月28日更新】

予約方法(集団接種会場(ページリンク)

電話:札幌市新型コロナウイルスワクチン接種予約センター(050-3684-9238)

インターネット:札幌市新型コロナワクチン接種集団接種会場予約サイト(https://www.sapporo-cov19-vaccine.jp/

ワクチン

モデルナ社又はファイザー社のオミクロン株BA.4-5対応型ワクチン

その他

オミクロン株ワクチンに関する代表的な質問をまとめています。

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

武田社ワクチン(ノババックス)接種に係る概要が記載してあるページです。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター

  • 電話番号:011-351-8646(毎日9時00分~18時00分)

※こちらの番号では、接種予約を受け付けておりません

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。