ここから本文です。

更新日:2022年9月26日

 

オミクロン株対応ワクチンの接種ができるかどうかの確認

オミクロン株対応ワクチン接種は、初回接種(1・2回目接種)を完了した12歳以上の全ての方が対象となっています。

オミクロン株対応ワクチン接種を希望の方は以下を参考にして、接種が可能か及び接種のためには何が必要かをご確認ください。

12歳以上の方

フロー図

※2022年9月30日までに3回目接種終了から5か月経過した4回目接種の対象者(60歳以上の方、または18歳以上60歳未満の基礎疾患を有する方等・医療従事者等・高齢者施設の従事者等)を指します。なお、10月1日以降に4回目接種の対象条件に該当する方は③となります。

①の方

 初回接種(1・2回目接種)から5カ月以上経過していない場合はオミクロン株対応ワクチンの接種はできません。

 オミクロン株対応ワクチンを接種希望の場合、まずは初回接種(1・2回目接種)を受けてください。 

 ・初回接種(1・2回目接種)の詳細についてはこちら

 ・医療機関についてはこちら

 ・集団接種会場についてはこちら

②の方

 既存の3回目ワクチンに代わりオミクロン株対応ワクチンを接種できます。ただし初回接種(1・2回目接種)から5カ月経過後となります。

 お手元にある未使用の3回目接種券にてオミクロン株対応ワクチンを接種できます。紛失して再発行が必要な方はこちら。    

 ・医療機関についてはこちら

 ・集団接種会場についてはこちら

③の方

 4回目追加接種として、オミクロン株対応ワクチンを接種できます。ただし3回目接種から5カ月経過後となります。 

 新たな接種券を送付致しますので、お手元に届いた接種券にてオミクロン株対応ワクチンを接種してください。

 ・接種券の発送スケジュールはこちら

 ・医療機関についてはこちら

 ・集団接種会場についてはこちら

④の方

 5回目追加接種として、オミクロン株対応ワクチンを接種できます。ただし4回目接種から5カ月経過後となります。

 新たな接種券を送付致しますので、お手元に届いた接種券にてオミクロン株対応ワクチンを接種してください。

 ・接種券の発送スケジュールはこちら

 ・医療機関についてはこちら

 ・集団接種会場についてはこちら

⑤の方

 既存の4回目ワクチンに代わり、オミクロン株対応ワクチンを接種できます。ただし3回目接種から5カ月経過後となります。

 お手元にある未使用の4回目接種券にてオミクロン株対応ワクチンを接種できます。紛失して再発行が必要な方はこちら。    

 ・医療機関についてはこちら

 ・集団接種会場についてはこちら

5~11歳の方

 現在、オミクロン株対応ワクチンを接種することができません。

 新たに3回目追加接種(従来ワクチン)が9/6より開始されました。詳細はこちらをご覧ください。

 

オミクロン株対応ワクチン接種について

新型コロナウイルスオミクロン株に対応したワクチンを使用した追加接種について、令和4年9月16日厚生労働省通知より、令和4年9月20日から接種開始となりました。

以下の内容は、国通知に基づくものとなっております。

概要について

現時点の追加接種の有効性・安全性に関する知見や諸外国における対応状況を踏まえ、重症化予防効果や感染予防効果、発症予防効果を目的として、1・2回目接種を終了した12歳以上の全ての住民に対し実施いたします。

期待される効果

現在流行しているオミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来ワクチンを上回る重症化予防効果や、短い期間である可能性はあるものの、感染予防効果や発症予防効果が期待される。

また、オミクロン株と起源株の両方の成分を含み、2種類の異なる抗原が提示されていることから、これらにより得られる多様な免疫反応は、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いと期待される。

接種対象者

1・2回目接種を完了し、前回の接種から5か月を経過した12歳以上の方

(3回目以降の接種券をすでにお持ちの方は接種可能です)

使用するワクチン

ワクチンの種類

従来株及びオミクロン株(BA1)に対応した以下の2価ワクチン

ファイザー社製:12歳以上(ワクチン説明書(PDF:806KB)

モデルナ社製:18歳以上(ワクチン説明書(PDF:876KB)

供給スケジュール

国から示されているワクチン供給量は以下の表とおりとなっております。

■オミクロン株対応ファイザー                                (単位:回)

  北海道 札幌市 配送※
第1クール 10,128,690 421,200 111,150 9/24入荷
第2クール 10,128,690 421,200 141,570 9/26週
第3クール 7,768,800 322,920 156,780 10/3週
28,026,180 1,165,320 409,500  

※国・北海道➡札幌市に配送・入荷される週又は日

■オミクロン株対応モデルナ                                 (単位:回)

  北海道 札幌市 配送※
第1クール 1,002,150 41,900 23,250 9/21入荷
第2クール 999,650 41,800 12,850 9/26週
第3クール 1,002,150 41,900 0 10/3週
第4クール 1,999,900 83,600 48,150 10/10週
5,003,850 209,200 84,250  

※国・北海道➡札幌市に配送・入荷される週又は日

接種間隔

前回接種から少なくとも5か月以上経過後に1回接種

※国において、海外の動向、有効性、安全性等の情報を踏まえ、接種間隔を短縮する方向で検討し、10月下旬までに結論を得ることとされました。

※現時点では、オミクロン株対応ワクチンは複数回接種は想定しておらず、追加で1人1回のみ接種することができます。

実施期間

令和4年9月20日から令和5年3月31日まで

接種券について

接種券をお持ちの方

お手元にある未使用の3回目接種券、4回目接種券をお持ちの方は、当該接種券を用いてオミクロン株対応ワクチンの接種が可能です。

※接種券を紛失された方については、再発行をしていただく必要がございます。再発行については、WEB及び電話での申請受付を準備中です。

接種券をお持ちで無い方

以下の方は下表の通り接種券を発送いたします。

・3回目接種済みで4回目接種券をお持ちで無い方・・・③の方

・4回目接種済みで5回目接種券をお持ちで無い方・・・④の方

発送日 対象者 発送数
9月26日(月) 10月16日までに新たに4回目接種(60歳以上、基礎疾患、医療従事者等)の対象となる方・・・③の方 約13,000
10月7日(金)~10月14日(金)

3回目まで接種を完了し、10月31日(月)までに前回接種から5か月を経過する方など・・・③の方

約350,000
10月下旬以降 残りの③の方及び④の方(5カ月経過日から2週間前を目途に発送準備中) 未定

 

予約について

 

医療機関

予約開始

9月20日(火)※準備が整った医療機関から順次開始

接種開始

9月30日(金)※準備が整った医療機関から順次開始

予約方法(詳しくはこちら)※9月26日以降にオミクロン株対応ワクチンの医療機関リスト更新予定

医療機関へ直接電話、インターネット等で予約

ワクチン

ファイザー社製

訪問接種

接種開始

9月28日(水)

申込方法(詳しくはこちら

指定のメールアドレスに必要事項を記入のうえ申込

ワクチン

モデルナ社製

集団接種会場

予約開始

①4回目接種の対象者で接種券をお持ちの方:9月28日(水)正午

②①以外の方:10月4日(火)正午

接種開始

10月6日(木)以降

予約方法(詳しくはこちら

電話:札幌市新型コロナウイルスワクチン接種予約センター(050-3684-9238)

インターネット:札幌市新型コロナワクチン接種 集団接種会場予約サイト(https://www.sapporo-cov19-vaccine.jp/

ワクチン

モデルナ社製、ファイザー社製

オミクロン株対応ワクチンQ&A

「第17回 新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保にかかる自治体向け説明会(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28060.html)」より

Q1オミクロン株対応ワクチンは何回接種するのか

1回です。

過去の接種歴の違いにより、オミクロン株対応ワクチンの接種が3回目、4回目、5回目になる場合がありますが、いずれの場合でも現時点ではオミクロン株対応ワクチンの接種は1回になります。

Q2オミクロン株対応ワクチンを接種した後は、どのワクチンを接種するのか

現時点では、1・2回目接種完了者は、3回目接種以降はオミクロン株対応ワクチンを1回接種することとしています。

その後のワクチン接種については、今後、科学的知見等の収集に努める中で検討することになります。

Q3BA.1対応型ワクチンを接種した後は、BA.4/5対応型ワクチンを接種するのか

現時点では、1・2回目接種完了者は、3回目接種以降はオミクロン株対応ワクチン(BA.1対応型又はBA4/5対応型(※))を1回接種することとしています。その後のワクチン接種については、今後、科学的知見等の収集に努める中で検討することになります。

(※)BA.4/5対応型ワクチンは現在薬事承認申請中です。

Q41・2回目接種はいつまで実施するのか
新型コロナワクチンの特例臨時接種の実施期間中(~令和5年3月31日)は、1・2回目接種を実施しますが、オミクロン株対応ワクチンでの接種を希望される方は、年内を目途に従来ワクチンでの1・2回目接種をお願いたします。
Q5今後の3・4回目接種で従来ワクチンを使用できるのか

現時点では、1・2回目接種完了者は、今後の3回目接種以降はオミクロン株対応ワクチンを1回接種することとしています。

ただし、接種機会が到来しても従来ワクチンしか入手できない場合などは、従来ワクチンによる追加接種を実施していただいても差し支えありません。

※札幌市では医療機関での対応となります。詳細はこちら

Q6BA.1対応型ワクチンとBA.4/5対応型ワクチンのどちらの方が効果があるか

現時点の知見を踏まえた専門家による検討では、従来株と現在流行しているオミクロン株との間の抗原性の差と比較すると、オミクロン株の中での亜系統間の抗原性の差は大きくないことが示唆されており、オミクロン株対応ワクチンは、オミクロン株の種類(BA.1とBA.4/5)に関わらず、オミクロン株成分を含むことで、従来型ワクチンを上回る効果があること、オミクロン株と武漢株の2種類の成分が含まれることで、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いことが期待されます。

そのため、その時点でオミクロン株成分を含む接種可能なワクチンを接種することが望ましいとされています。

Q7オミクロン株対応ワクチンが追加接種のみで、1・2回目接種として接種されないのはなぜか
オミクロン株対応ワクチンは、現時点で追加接種として臨床試験がなされており、追加接種の用法のみで薬事承認がなされています。今後、新たなデータが得られれば1・2回目接種の用法も含めて薬事承認がなされることも考えられますが、現時点では、薬事承認に基づき、1・2回目接種としては接種しないこととしています。
Q8小児用ワクチンで1・2回目接種を終了した児童が、今後3回目接種を受ける時点で12歳に到達している場合、ワクチンは従来ワクチンとオミクロン株対応ワクチンのどちらを接種するのか
小児用ワクチンで1・2回目接種を完了していますので、今後の3回目接種はオミクロン株対応ワクチンを接種してください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。