ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI

ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI

◎個別医療機関での接種(ファイザー社製)

  • 接種対象者:12歳以上の接種券をお持ちの方
    ※12~15歳の方には8月20日から接種券を発送しております。今後は毎月1回、前の月に12歳到達した方にも送付いたします。
  • 接種可能な医療機関
    ワクチン接種実施医療機関の一覧

    <条件から探す>
    12歳~15歳の接種実施医療機関 妊娠中の方の接種実施医療機関 翌日以上の予約枠に空きがある医療機関
    かかりつけ患者以外も接種可能な場合がある医療機関を地図から探す
    かかりつけ患者以外も接種可能な場合がある医療機関を一覧から探す
     

◎集団接種会場での接種(武田/モデルナ社製、ファイザー社製)

  • 接種対象者:12歳以上の接種券をお持ちの方
    ※12~15歳の方には8月20日から接種券を発送しております。今後は毎月1回、前の月に12歳到達した方にも送付いたします。
  • 優先接種対象者:基礎疾患を有する方優先接種対象者妊娠中の方

 優先接種の事前登録の受付は終了しました

※アストラゼネカ社製ワクチンの接種をご希望の方は、北海道のホームページをご参照ください。

★予約受付速報★ 【10月6日(水曜日)12時からの受付開始分

10月15日(金曜日) 18時00分現在の予約受付状況

  • インターネット予約
    • 一般接種対象者(16歳以上):3,970人分
    • 優先接種対象者(16歳以上で基礎疾患を有する方を含む):235人分
  • 電話予約
    • 一般接種対象者(16歳以上):1,171人分
    • 優先接種対象者(16歳以上で基礎疾患を有する方を含む):54人分
    • 12歳~15歳の方(基礎疾患を有する方)46人分
    • 12歳~15歳の方(上記以外):90人分

★当日の電話予約受付★ 

10月16日(土曜日)の当日の電話予約受付はありません。次回は、10月17日(日曜日)9時から開始となります。

詳細は下記のページをご確認ください。

★訪問接種の実施について★ 

医療機関及び集団接種会場への来場が難しい個人、小中規模団体を対象として訪問接種事業を実施します。

詳細は下記ページをご確認ください。

 

★ワクチン接種後の心筋炎等の発症頻度に伴う10代・20代の男性の予約変更について★ 

厚生労働省から、10代・20代の男性は武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられ、「10代・20代の男性には、ファイザー社のワクチンの接種を選択できます」とする旨の通知がありました。

詳細は下記ページをご確認ください。

 ページ内メニュー

ワクチンロスゼロセンター

接種券の再発行・送付先変更等について

証明書アイコン

妊娠中、12~15歳の方の接種について

現在のワクチン接種率

ワクチン接種について学ぶ

ワクチン接種お問い合わせ先

ワクチン接種に関するアンケート結果

健康被害救済制度について

医療機関、接種関係機関の皆さまへ

外国人向けご案内

契約関係

 ワクチンロスゼロセンター

急なキャンセル等で医療機関にて余ったワクチンの廃棄防止に向けて、ワクチンの余りが発生した医療機関と接種を希望する市民とをつなげる「ワクチンロスゼロセンター」を7月1日に開設しました。詳細は下記ページでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 新型コロナワクチン接種券の再発行・送付先変更等について

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

海外渡航のために新型コロナワクチンの接種を受けたことを証明するものです。令和3年7月26日から、交付申請の受付を開始します。
詳細は「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について」のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 妊娠中/12~15歳の方の接種について

妊娠中の方の接種について

妊娠中の方については、日常的に健康管理をされている健診先の医療機関での接種が望ましいですが、健診先が接種を実施していないなどのため、集団接種会場での接種を希望される方は、あらかじめ健診先の医師に接種の可否についてご相談ください。接種して良いと言われていれば、その旨を集団接種会場の予診医に伝えてください。

集団接種会場での優先接種にかかる事前登録

事前登録の受付は終了しました。

関連リンク

12~15歳の方の接種について

12~15歳の方は、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けることができます。
事前にワクチン接種のメリット、デメリットを十分ご理解したうえで、接種を受けるかどうかお考えください。
詳細は、「12~15歳の方の新型コロナワクチン接種について」ページでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 

 現在のワクチン接種率(令和3年10月15日現在)

区分

1回目接種

2回目接種

接種者数

接種率

接種者数

接種率

市全体

1,405,963人
(前日比+3,148人)

71.7%

1,173,616人

(前日比+9,379人)

59.8%

高齢者

(65歳以上)

514,862人

(前日比+216人)

92.5%

499,891人

(前日比+210人)

89.8%

⇒これまでの接種者数・接種率の推移は、「札幌市ワクチンメーター」のページをご覧ください。

【出所】ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)
※市全体の接種率は、住民基本台帳(令和3年1月1日現在)に基づく数(1,961,575人)に対する割合
※高齢者の接種率は、65歳以上の接種券発行数(556,692人)に対する割合
※平日毎日更新

ページの先頭へ戻る

 ワクチン接種について学ぶ

新型コロナウイルスワクチンについてお知りになりたい方は、下記のページをご覧ください。

接種にかかる一連の流れ(予約~接種~接種後の副反応)についてまとめてあります。

広報資料やリンクについてまとめてあります。

ページの先頭へ戻る

 ワクチン接種に関するお問い合わせ先(※予約はできません)

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター

電話番号:011-351-8646

【受付時間:9時00分~18時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、受付窓口を設けての対応は行っておりません

 

聴覚に障がいがあるなど、電話が難しい方の問い合わせ先

札幌市コールセンター

【運営時間:8時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

  • ファクス:011-221-4894

※折り返しのご連絡は、札幌市コールセンターからではなく、担当部署からとなります。

その他お問い合わせ先

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター

厚生労働省では、新型コロナウイルスワクチンに関する電話相談窓口を設置しています。各種ご相談など、詳しくは下記のコールセンターにお問い合わせください。

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

【受付時間:9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

ページの先頭へ戻る

 新型コロナウイルスワクチン接種に伴う健康被害救済制度について

新型コロナウイルスワクチン接種に伴い、疾病や障害が生じたり、死亡された場合において、そのような状況がワクチン接種を受けたことによるものと厚生労働大臣が認定した時には、予防接種法に基づき救済を受けることができます(※なお、一時的な発熱や局部の腫れなど、予防接種で通常起こりうる軽い症状については、救済の対象とならない可能性が高い旨を厚生労働省に確認しておりますので、ご留意ください)。

申請に係る必要書類、申請の手順、健康被害救済制度の詳細については、下記の「新型コロナウイルスワクチン接種に伴う健康被害救済制度について」をご確認ください。

なお、予防接種との因果関係が比較的明らかなアナフィラキシー等の即時型アレルギー(※接種後4時間以内に発症し、接種日を含め7日以内に治癒・終診したものに限ります。また、症状が接種前から継続している場合や、ワクチン接種以外の原因によると医師が判断した場合は除きます。)の場合には、診療録の代わりに、「医療費・医療手当申請用症例概要」【様式5-1-1】を使用し、申請いただきますようお願いいたします。※自治体で実施する予防接種健康被害調査委員会を経ることなく国へ進達することが可能となり、結果通知が早くなることが見込まれます。

申請書送付先
〒060-8405 札幌市保健福祉局ワクチン接種担当部 健康被害救済制度担当係(住所記載不要)
お問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター 電話番号:011-351-8646
【受付時間:9時00分~18時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

ページの先頭へ戻る

 「新型コロナウイルス感染症ワクチン接種」に関するアンケート(令和3年7月実施)

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について、480人の札幌市民の方を対象にアンケート調査を実施しました。結果は下記ページをご確認ください。

 医療機関、接種関係機関等の皆さまへ

ワクチン接種を行っていただく医療機関や、接種に従事される方々に、事前にご確認いただきたい事項、情報などをまとめたページをご案内いたします。

実施に関する手引き等について

「実施に関する手引き」等の関係資料が、厚生労働省ホームページに掲載されておりますのでご参照ください。

アナフィラキシーへの対応について

アナフィラキシーへの対応については、日本アレルギー学会のガイドラインをご参照ください。

医療機関向け説明会資料の掲載について

令和3年4月7日に開催しました、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種医療機関向け説明会の資料を掲載します。

国、北海道、札幌市からの通知について

国、北海道、札幌市からの通知を掲載します。

時間外及び休日の接種対応にかかる請求関連書類について

令和3年8月分以降の請求方法につきましては下記のリンク先をご確認ください。(令和3年4月~7月分の時間外等加算の請求受付は8月31日で終了しました。)

職域接種を行った場合の接種費用の請求方法

札幌市内の医療機関又は企業内診療所で職域接種を行った場合の、医療機関又は企業内診療所における費用請求方法をお知らせいたします。

ページの先頭へ戻る

 外国人向け案内(新型コロナワクチン接種について)

ページの先頭へ戻る

 契約情報

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター 

  • 電話番号:011-351-8646(毎日9時00分~18時00分)

※こちらの番号では、接種予約を受け付けておりません(接種予約の電話番号はこちら

 

聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方は以下をご利用ください。

札幌市コールセンター(毎日8時00分~21時00分)

  • ファクス:011-221-4894

※折り返しのご連絡は、札幌市コールセンターではなく、担当部署からとなります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。