ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > 市民の皆さまへ > 発熱時等の受診・診療について

ここから本文です。

更新日:2023年4月1日

発熱時等の受診・診療について

基本的な感染対策を徹底いただくとともに、発熱時等の受診・診療については本ページ内のフロー図に基づいた対応へのご協力をお願いいたします。

陽性者となった方の必要な情報は、「療養ナビ」からご確認いただきますようお願いいたします。

市内発生状況について

 

フロー図 

フロー図

※1:発熱外来マップは、こちらからご確認いただけます。
※2:抗原検査キットによる自己検査について、各種要件を満たす方は抗原検査キットの無料配布をご活用ください。(小学生以下の子どもも対象となります。)
※3:一般医療機関(発熱外来以外)の受診を希望する方は、北海道医療機能情報システムを参考に近隣の医療機関に事前にお問い合わせのうえ、受診をお願いします
※4:解熱鎮痛薬の準備(市販薬の購入)については、こちらをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に関するご案内

当てはまるものをクリックしてください。
(※)自己検査:抗原検査キットによる検査・民間のPCR無料検査など

検査を受けたいバナー

自己検査で陽性バナー

陽性と診断されたバナー

濃厚接触者(同居家族)バナー

ワクチンについて知りたいバナー

よくあるご質問バナー

 

啓発資料【12月25日更新】

その他の啓発資料はこちらに掲載しております。

年末年始に向けた皆様へのお願い この冬は、ワクチン接種・新型コロナ抗原定性検査キット・解熱鎮痛薬の準備を
新型コロナウイルスの重症化リスクの高い方・小学生以下の子どもと保護者の方へ 新型コロナウイルスの重症化リスクの低い方へ

 

よくあるご質問 

下記以外のよくあるご質問は、こちらからご確認ください。

Q-1:陽性者となり、熱は下がったがまだ多少の症状(咳やのどの痛みなど)がある。療養解除になるか?

症状があり自宅で療養している方は、症状軽快後24時間経過した場合に、発症日から8日目に療養解除となります。
「症状軽快」とは「解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状(咳や息苦しさ等)が改善傾向にある状態」のことです。
改善傾向であれば良く、咳や息苦しさが全くない状態ではなくとも、療養解除となります。

※参考:療養期間について

Q-2:陽性者の同居者は濃厚接触者になるか?検査を受けられるか?

陽性となった方と生活空間を共有している方は一般的に、濃厚接触者となります。
症状がある場合は検査を受けられますので、こちらをご確認ください。

※参考:濃厚接触者になった方へ

Q-3:自分の療養期間中に、他の家族(同居者)が陽性となった。自分の療養期間は延長になるか。

延長にはなりません。
療養中に、後から他の家族(同居者)が陽性となった場合でも、その家族(同居者)から再感染する可能性は低いため、先に療養している方の療養期間は延長になりません。

ページの先頭へ戻る

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口
電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~18時00分)

※ IP電話等でご利用になれない場合は、011-558-1765をご利用ください。
よくあるご質問はこちら

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。