ここから本文です。

更新日:2022年11月22日

新規感染者数の急増について

令和4年10月下旬から、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が急増しております
さらに、この冬は季節性インフルエンザとの同時流行により多くの発熱患者が発生することが懸念されます。
限りある医療資源を重症化リスクの高い方などに重点化するため、市民の皆様のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

陽性者となった方の必要な情報は、「療養ナビ」からご確認いただきますようお願いいたします。

市内発生状況について

 

発熱時等の受診・診療について

発熱時等の受診・診療について

「抗原検査キットによる自己検査」について、各種要件を満たす方は抗原検査キットの無料配布をご活用ください。
※上記無料配布については、子ども(小学生以下)も対象となります。

新型コロナウイルス感染症に関するご案内

当てはまるものをクリックしてください。
(※)自己検査:抗原検査キットによる検査・民間のPCR無料検査など

検査

自己検査

陽性

濃厚接触者

ワクチン

よくあるご質問

 

啓発資料

啓発資料1 啓発資料2 啓発資料3

 

よくあるご質問 

下記以外のよくあるご質問は、こちらからご確認ください。

Q-1:陽性者となり、熱は下がったがまだ多少の症状(咳やのどの痛みなど)がある。療養解除になるか?

症状があり自宅で療養している方は、症状軽快後24時間経過した場合に、発症日から8日目に療養解除となります。
「症状軽快」とは「解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状(咳や息苦しさ等)が改善傾向にある状態」のことです。
改善傾向であれば良く、咳や息苦しさが全くない状態ではなくとも、療養解除となります。

※参考:療養期間について

Q-2:陽性者の同居者は濃厚接触者になるか?検査を受けられるか?

陽性となった方と生活空間を共有している方は一般的に、濃厚接触者となります。
症状がある場合は検査を受けられますので、こちらをご確認ください。

※参考:濃厚接触者になった方へ

Q-3:自分の療養期間中に、他の家族(同居者)が陽性となった。自分の療養期間は延長になるか。

延長にはなりません。
療養中に、後から他の家族(同居者)が陽性となった場合でも、その家族(同居者)から再感染する可能性は低いため、先に療養している方の療養期間は延長になりません。

ページの先頭へ戻る

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口
電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~21時00分)
※よくあるご質問はこちら

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。