ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > すすきの地区について > すすきの地区新型コロナ対策研修会

ここから本文です。

更新日:2021年2月15日

すすきの地区新型コロナ対策研修会

研修会には事前に申し込みのあった、すすきの地区に所在する居酒屋、スナック、バーなどの飲食店を中心に177の事業者が参加しました。
開催にあたっては、収容人数1,000人の会場を使用し、参加者間の距離の確保、大型扇風機設置による換気対策の強化など、感染症対策を万全にして開催しました。

【日時】令和3年1月27日(水曜日)15時00分~17時00分
【会場】札幌パークホテル3階 パークホール

研修会の写真1

研修会の写真2

研修会の写真3

 

研修プログラム

研修会では、国立感染症研究所の山岸拓也先生、感染症コンサルタントの岸田直樹先生お二人の専門家をお招きし新型コロナに関するご講演をいただいた後、秋元札幌市長から「すすきの地区新型コロナ対策プロジェクト」の発表、提案をいたしました。

その後「すすきの地区新型コロナ対策プロジェクト」をテーマに山岸先生、岸田先生に加え、一般社団法人すすきの観光協会の大島昌充会長にもご登壇いただき、秋元札幌市長らとともにパネルトークを行いました。詳細は次のとおりです。

山岸ドクターに聞く「新型コロナの最新情報」

岸田ドクターに聞く「ここが肝心 新型コロナ対策(総集編)」

参加しよう!「すすきの地区新型コロナ対策プロジェクト」

プロジェクトの概要(秋元市長)

定期的なPCR検査について(保健福祉局保健所企画担当部長)

手引書、店舗消毒費用等の支援について(経済観光局観光・MICE推進部長)

 

一緒に取り組もう!「すすきの地区新型コロナ対策プロジェクト」(パネルトーク 主な発言)

テーマ1 すすきの地区のプロジェクトの意義

  • 大都市の歓楽街が感染拡大の急所。こうしたエリアへの対策を強化することが、市全体の感染拡大の防止に有効。(山岸ドクター)
  • すすきの地区の皆さまと手をとって、力を合わせて感染症対策に取り組んでいきたい。(大島会長)
  • コロナの感染リスクをゼロにするのは困難。疫学調査をみていると、お店が悪いわけではないものもある。対策をしているお店が原因ではないというスタンスを作っていけたら。(岸田ドクター)
  • 感染リスクをゼロにすることができない以上、陽性者が発生することを前提とした対応が必要。発生した際にどう対応するか、あらかじめの備えが大事。(秋元市長)

テーマ2 定期的なPCR検査の有効性について

  • リスクの高い場面にいる従業員の皆さんに対する定期的なPCR検査を、間隔を狭めて実施することで、陽性者を早期に発見することができる。そのことが感染を拡大させてない手立てとなる。(秋元市長)
  • 「週に1回」、「一人から」というようにきめ細やかな検査体制を整えるなど、戦略的な取り組みと評価できる。(山岸ドクター)
  • 定期的な検査が、陽性者の早期発見や、従業員の皆様の行動変容にもつながる。そのことが、お客様の安心感にもつながる。(岸田ドクター)
  • 定期的な検査を受けることでお店も安心を得ることができる。すすきの全体の安全安心を守るために、ぜひ多くのお店に検査を受けて欲しい。(大島会長)

 配布資料

質問と回答(2月15日掲載)

No. 質問要約(公表) 回答(公表)
1 岸田先生から「新型コロナの現状は野球に例えると2回の裏くらい」との話があったが、どうしたらゲームセットにできるか。 ゲームセットをウイルスの根絶と定義するのであれば、それは極めて厳しいと考えます。新型コロナウイルスに限らず、一般的にウイルスを世の中から完全に根絶することは非常に難しく、ノロウイルスやインフルエンザウイルス等と同じように、新型コロナウイルスとも長く付き合っていくことになると考えられます。
しかし、ゲームセットを「通常の医療を行いながら上手に診ていける程度の流行にコントロールする」とするのであれば、数年以内に実現できる可能性はあると思います。というのも、それなりに効果が期待できるワクチンが開発されたからです。まだ十分なデータがあるとは言い難いですが、ワクチンを上手に使うことで、流行を大きくせずに上手につきあっていくことは十分できると思います(おそらく毎年打つことにはなるとは思いますが)。
※回答:札幌市危機管理対策室 参与 岸田直樹医師
2
  • 現状の道内や市内の感染者はどういったところから出ているのか?また、なぜすすきの以外の感染者情報は報道しないのか?

 

  • 時短や休業以外の感染拡大防止対策はないのか?

 

  • 感染を早期に収束させるため、時短や休業要請は、全市または道内全域を対象にすべきではないか?
  • 感染者は、すすきの以外にも、医療機関、介護施設、飲食店など様々な業種・場所において発生しており、本市ではその規模や状況等に鑑み、適時情報を公表しています。

 

 

  • 会食の場から感染が拡がる事例が全国的に確認されていることから、本市では飲食店が密集しているすすきの地区において対策を行っています(1月27日時点)。

 

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

3
  • PCR検査で陰性判定を受けた場合、後日陽性になる可能性はあるか?

 

  • 検査を受けることは予防策になるのか?
  • PCR検査は、検査時点での感染有無を判断するものであり、一度陰性判定を受けても、そのあとに陽性になる可能性はあります。

 

  • 店舗型PCR検査を定期的に受検いただくことで、感染の早期発見、早期対策を行うことができ、感染拡大を未然に防ぐことができると考えています。

 

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

4
  • 市内の感染状況の分析などを行う際は、札幌駅前の人口移動データではなく、すすきの地区のデータを使ってほしい。

 

  • あまりにも保健所の指導や対策を守らない店舗については、無条件で店名を公表してほしい。
  • 研修中、山岸先生のスライドでは札幌駅のデータが使用されていましたが、札幌市がすすきの地区の感染状況の分析等を行う際に用いる人口移動データとしては、基本的に地下鉄南北線すすきの駅周辺のデータを参照しており、必要に応じて札幌駅や大通周辺のデータを参照しています。

 

  • 保健所では、店舗等でクラスターが発生した場合において、濃厚接触者が特定できず、PCR検査の受検の呼びかけができない場合に店名公表を行うこととしています(1月27日時点)。現状の法体系のもとでは、指導や対策を守らない店舗について、市が独自に名称を公表することは難しいと考えています。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

5 外出から帰った時には、手袋も消毒する必要があると思うが、皮手袋は消毒により損傷しないだろうか?
  • 手袋の損傷については、消毒液の性質や手袋の素材にもよるため、一概にお答えすることは難しいと考えます。
  • 手袋や衣類などに付着したウイルスは、ビニール袋に入れて一定期間(3日間程度)放置することで失活(感染力が無くなる)すると一般的には言われておりますが、こちらも環境や条件にもよるため確実ではありません。
  • 手袋に付着したウイルスが手指を介して口や目などの粘膜に付着することを防ぐため、こまめな手指の消毒を行うことが、感染防止をする上で重要と考えます。

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

6
  • すすきの地区では多くの店舗が経営難となっているが、今後どのような支援を考えているか?
  • 「すすきの通信」に店舗単位PCRが掲載されていたので申し込んだが、「♯7119」で断られた。周知徹底とやる気を見せてほしい。

 

  • 店舗型PCR検査について、すすきの地区の全ての店舗を週1回受検可能とする考えはあるか?
  • 今回のプロジェクトでは、陽性者が発生した場合の店舗消毒費用の支援や、感染防止対策助成金の支給などを予定しております。

 

  • 「#7119」で断られたとのことで、大変申し訳ありませんでした。
    店舗単位PCR検査は、011-676-3365が専用ダイヤルとなっておりますので、こちらにお電話いただけますと、確実にお申込みいただけますので、お手数ですがよろしくお願いいたします。

 

  • 店舗型PCR検査の受検頻度については、業種ごとの感染者発生頻度や検査キット供給体制等を考慮し、当面は接待を伴う飲食店のみを週1回とする予定です。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

7 ワクチン接種者に、「接種証明書」を発行する予定はあるか? 新型コロナワクチンの接種につきましては、国から示される優先順位を踏まえて、接種対象者ごとに接種券と一体となった接種済証を市から発行します。
接種後は、接種を証明する記録として、ワクチンのロット番号等が記載されたシールを接種済証に貼付することとしております。
※回答:札幌市保健所 ワクチン接種担当部
8
  • 免疫を向上させることで、感染した場合にどの程度症状を軽くできるか?

 

  • 消毒液の身体への影響を教えてほしい。
  • 免疫を向上させる方法にもよりますが、例えば予防接種を例に挙げますと、イスラエルにおいては予防接種により免疫(抗体)を保持した人は新型コロナウイルスに感染する確率が一定程度下がったとの報道がされております。

 

  • 消毒液の身体への影響について、例えば一般的に利用されるエタノールは、手指の消毒に有効で、身体への悪影響は小さいとされています。一方、次亜塩素酸は、噴霧して使用した場合、条件によっては、効果が薄い割に人体(特に肺)への悪影響があるとされております。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

9 発表資料のデータがほしい。 本ページに掲載しておりますので、ご活用ください。
※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム
10 店舗消毒は、何を使って行えばよいか?基準などはあるのか? 新型コロナウイルスに効果が期待できる薬剤とその濃度がありますので、それに基づいて行うのが効果的です。詳細は「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)に記載されています。
不特定多数の人が触れやすい場所(ドアノブやスイッチなど)の消毒をを入念に行うことが重要です。消毒用エタノールまたは次亜塩素酸ナトリウム水溶液が良いですが、先述の特設ページに記載されている他の薬剤でも良いでしょう。
消毒薬の種類だけではなく、清掃しやすいように店舗に出来るだけものを置かないようにすることや、凹凸が少なくふき取りやすい家具を利用することなども効果的です。
※回答者:札幌市危機管理対策室 参与 岸田直樹医師
11
  • 飲食店(居酒屋)と接待を伴う飲食店を、すすきの地区としてひとまとめに扱うのはなぜか?

 

  • なぜ札幌駅や大通周辺の居酒屋は時短営業の対象にならないのか?
  • 全国的に、繁華街における飲食を介した感染拡大事例が多くみられることから、本市においては、飲食店が集積するすすきの地区で集中的な対策を講じることとしています(1月27日時点)。

 

  • 札幌駅や大通周辺など、すすきの地区以外の地域については、感染源となる要因を個別に調査、把握し、個々の対応を行っているところです。ご理解、ご協力をお願いいたします。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

12
  • このような研修会は定期的に行ってほしい。

 

  • すすきの地区だけ集中的に時短要請や休業要請をしても、感染防止効果は限定的ではないか?
  • この度は研修会へご参加いただきありがとうございました。勉強会や研修会の開催を希望する声については、研修会後のアンケートでも複数頂いておりますので、今後検討してまいりたいと考えています。

 

  • 全国的に、歓楽街における飲食を介した感染拡大事例が多くみられることから、本市においては、飲食店が密集するすすきの地区で集中的な対策を講じることとしています(1月27日時点)。ご理解、ご協力をお願いいたします。

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

13 お店から陽性者が出た場合、一番初めに何をすればよいか?

まず最初に、店舗の消毒を行ってください。特に陽性者が触れた可能性のある個所は普段よりも念入りに行ってください。
次に、保健所が濃厚接触者等を特定いたしますので、必要な書類をご用意ください。書類の内容は「従業員リスト」、「シフト表」、「お店の概要がわかるHPやフロア図」及び「店舗の利用客リスト(または北海道コロナ通知システムの登録状況のわかるもの)」です。
濃厚接触者等が特定できましたら、お店の代表者から従業員に自宅待機をご指示いただきます。併せて、従業員の中で体調が良くない方がいる場合は、休むようご指示願います。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

14
  • マスクの2枚重ねは効果があるか?

 

  • 陽性者発生時の消毒は、業者に頼むべきか?決まった会社はあるのか?
  • 札幌市保健所の知見ではありませんが、不織布マスクの上に布マスクを重ねることにより、せきで広がるウイルスの量や、口元に届くウイルスの量が減るといった研究結果が報道されています。ただ、マスクを2枚重ねると、装着の仕方によっては顔との間に隙間ができたり、また息苦しくなったりする場合もあるため、重ねて利用する際にはご注意いただければと思います。

 

  • 消毒は、必ずしも専門の業者に依頼する必要はありませんが、感染拡大を防止するため、迅速かつ的確に行って頂くことが望ましいと考えます。なお、決まった消毒業者はありません。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

15

感染防止対策として、今回の研修会で教わったこと以外にできることはあるか?

換気や消毒、座席配置の工夫など、各店舗でできる感染防止対策をまとめた「接待を伴う飲食店における新型コロナウイルス感染症対策の手引き」を公表しておりますので、参考にしてください。

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

16 陽性者が出たお店について、1日~2日で営業再開しているお店と、1週間休業しているお店があるのはなぜか?

営業再開までの期間に差があるのは、陽性になった方とその他のスタッフ等とお互いの接触度合いによって次の1から3のとおりの区分となり、それぞれの区分でお仕事に復帰できる時期が異なってくるためです。
保健所がお店からご用意いただく関係資料(「従業員リスト」、「シフト表」及び「お店の概要がわかるHPやフロア図」等)に基づき、1.濃厚接触者、2.濃厚接触者以外で陽性者と同日シフトだった人、3.陽性者と全く接触していない人を特定します。
お仕事に復帰できる時期については、上記1の方は陽性者と接触した翌日から14日間の自宅待機となりますが、2の方は、PCR検査を受検いただき、陰性が確認されたのち、お店に出られます。また、3の方については、直ちにお店に出られます。
お店の早い再開には、2、3の方をいち早く特定するため、日頃から上記資料をご用意いただくことが重要と考えます。
※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

17
  • 飲食時の主な感染理由は、目や鼻の粘膜と考えてよいか?(飲食時、ウイルスが口に入っても、飲んだり食べたりしているので感染性は低いと思う)

 

  • 発症前2日間の時点では、完全に無症状なのか?

 

  • 市中感染の中で、飲食や移動などあると思いますが、リスクとしてはそれぞれどの程度のものか?
  • ウイルスは、粘膜に付着することで感染しますので、目、鼻に加え、口に付着した場合も感染のリスクがあります。

 

  • 発症2日前は、感染力はありますが基本的には無症状と考えられます。

 

  • 市中感染におけるリスクの程度を明確に申し上げることは難しいのですが、ウイルスは粘膜に付着することで感染しますので、やはりマスクを外した状態での飲食、会話によるリスクが一般的には高いと考えられます。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

18 コロナ禍を乗り切るための支援や対策など、すすきので飲食店業に関わる人たちの生活を守るために力を貸して欲しい。
  • 時短、休業要請にご協力いただき感謝いたします。札幌市では、今回発表させていただいたすすきの地区新型コロナ対策プロジェクトを進めながら、感染症対策と事業継続に向けた支援にしっかりと取り組んでいきたいと考えています。
  • すすきの以外のエリアにおいても、飲食店、その他業種の需要が落ちている状況等を踏まえ、緊急事態宣言が出されていない地域の飲食店や他の業種への給付金の拠出について、北海道と共同で国に要望したところです。

※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

19
  • 今の時短営業は感染防止に効果があるのか?

 

  • 時間より距離の問題だと思うので、時間規制より距離規制の方が良いのでは?(例えば座席数を50%にするなど)

 

  • 札幌市のみの緊急事態宣言は出せないのか?
  • 全国的に飲食を介した感染拡大が多い中、接触頻度を減らす観点で、時短営業は感染拡大防止に効果があると考えられます。

 

  • 営業時間の短縮とともに、一定の距離を確保することも有効です。

 

  • 緊急事態宣言の発令権限は知事にあるため、札幌市が独自で緊急事態宣言を出すことはできません。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

20
  • 台湾はコロナを防ぐことに成功しましたが、札幌市は「台湾モデル」を活用しているか?

 

  • AIを使った感染予測がグーグルにより行われているが、札幌市はAIを活用しているか?
  • ウイルスによる感染症の拡大は、その国の社会経済活動の状況や生活習慣などによっても異なるため、基本的にはその国に適した対策を講じていくことが必要と考えられます。

 

  • 札幌市では、ご指摘の台湾モデルやAIの活用は行っていませんが、新規陽性者数や実効再生産数の推移など、最新データを詳細分析に基づき、必要な対策を講じていきたいと考えています。


※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

21 今後コロナの感染者数が増え、レベル4になったら、ロックダウン(都市封鎖)を行うか?

新型コロナ対策は、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」や「感染症法」等に基づき行っていますが、現行法下では、知事権限として外出自粛の要請を行うことができる等の定めはありますが、諸外国で実施されているロックダウン(都市封鎖)については規定がなく、実施することはできません。

※回答:札幌市危機管理対策室

22 感染者を複数回出した店舗に対する対応として、店舗公表をする必要はないのか? 本市では、陽性者が出た店舗が、利用者を把握しておらず、利用客にPCR検査の受検を呼びかけることが出来ない等、感染拡大の恐れがある場合に店名を公表し、検査を呼びかけることとしています。
※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム
23 北海道コロナ通知システムの利用をお客様に促すが、なかなか登録してもらえない。登録手順の簡素化や、登録時にTポイントを付与するなどの工夫ができないか? 北海道コロナ通知システムの利用にご協力をいただきありがとうございます。当該システムは北海道が運営するものであるため、本市が直接改良を加えることは難しいのですが、利用者の利便性向上に向け、ご指摘のような工夫が必要と考えます。
※回答:札幌市保健所 北海道・札幌市感染症対策チーム

 

参加事業者(店舗名)※五十音順(掲載に承諾をいただいた店舗等を掲載しています。)

味処 灘浜(和食・小料理) 居酒場 一番星☆きむら 居酒屋あらた いちえ
一発ドン 海豚 ヴィクトリアランウェイ Wendy
梅酒十色Selfish OCEAN オーシャン オーセンテックバー・ドゥエルミタアヂェ おたる亭
おでん処 わんらうんど オンズバー 海鮮炉ばた 隠れ家ニュー北星ビル店 海鮮炉ばた 隠れ家南6条店
活かにの花咲 Goddess snack 株式会社石川物産館 株式会社エクススタッフ
株式会社エリアG 株式会社エンバイロサービス 株式会社SAN 株式会社藤井ビル
株式会社北星コーポレーション 株式会社ホワイトカンパニー きしめんのきじや 牛たん旬菜 鈴の屋
牛のいしざき ぎるびい 極み塩熟成ジンギスカン「ゆうひ」 KING×MHU
クラブ アトリエ くらぶ光 クラブラウンジ サライ グランド居酒屋富士
クルーガーグループ株式会社 Gracy N12 ココ de COCO コスモ倶楽部
さっぽろ二合半 サン・フルーツ G4ビル 市民活動プラザ星園
ジャスマックプラザ株式会社 酒房しんせん 旬彩田ぐち 笑パブ BOWWOW
食事処 弁慶 スカイラウンジピュア(ピュアグリーンコーポレーション株式会社) すが原 すし しもくら
鮨 富士 すすきの社交料飲組合 スナック イコル スナック エテルナ
スナックOH!ジョーク スナック岡本 スナック 葛城 スナックくに子
スナック蔵人 すなっく ここ スナック彩鶴 スナック澤田家
スナックストリートグループ スナック はなはなちゃん スナック檜(ひのき) スナック for you
スナック fresa スナック ほまれ スナック マルシア スナック三輪
スナック ら・青山 炭火焼鳥 大 炭焼・寿し処 炙屋すすきの本店 炭焼・寿し処 炙屋総本店
炭焼炉端 くし路すすきのビル店 セクシークラブジョジョ 雪華亭 センチュリー21
千織 ソシアル・ルーム 亜羅仁 てれ屋 ナイトイン21世紀
Nana-ナナー(スナック) 生ラム炭火焼 のざわ 日本たばこ産業株式会社 北海道支社 bar evening
バーおおはし バー さわ バースナック ラグドール バー希
Barノルン Bar Millennium ber reboot bar roots ジャイアンの店
バールーム ラ・グレ ハイクビー パブ&カラオケ チマタ BAN×KARA ZONE-HS(バンカラ)
BISTRO SANMI ビストロ・ルプラ ひとり鍋 時治 Black rutile~ブラックルチル~
仏蘭西亭 Blues&RockBar STORMY MONDAY ほっ貝亭 北海道振興株式会社
北海道鮨商生活衛生同業組合札幌支部 北海道ペストコントロール協会 北海道みやげ たぬきや ホットタイム
ママズスマイル札幌大通店 ミュージックパブは〜もに〜 もつ地酒 鈴のや 焼肉上を向いて歩こう。
結維。 有限会社千両ビル 有限会社モンデール LiveHouse SUSUKINO 810
ラウンジ遥 LATOUR(ラツール) ルームインはな  

【このページについてのお問い合わせ】

札幌市・北海道感染症対策チーム・すすきの対策チーム

  • 電話番号:011-788-6380
  • ファクス番号:011-788-6326

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。