ここから本文です。

更新日:2023年2月1日

災害時における避難について

札幌市危機管理局からのお知らせ(自然災害等への備え)

  • 災害に備え、自宅の安全性を事前にご確認ください。自宅が洪水浸水想定区域内又は土砂災害警戒区域内に該当するかどうかは、「さっぽろ防災ポータル」や防災アプリ「そなえ」内のハザードマップでご確認いただけます。
  • 自宅療養中に地震・風水害などの災害が発生した場合、自宅で安全が確保できる場合は自宅にとどまり、屋内での安全確保をお願いします。水害の場合、浸水する高さよりも高い上階などに移動すること(垂直避難)も立派な避難行動です。
    ※災害時、避難が必要な地域には避難指示が発令されますが、これはエリアごとにまとめて出されるものです。地形や住宅構造等、個々の状況により避難が必要になるかは異なるため、ご自身で確認・判断の上で屋内安全確保も検討ください。
  • 自宅で安全が確保できているかについては、ご自身で判断をお願いいたします。ただし、命の危険を感じるような状況の場合は、感染症対策を行った上で最寄りの避難所(市立小中学校、区体育館等)へすぐに避難し、自宅療養中であることをお申し出ください。
  • 避難所は「さっぽろ防災ポータル」や防災アプリ「そなえ」でご確認いただけます。

「さっぽろ防災ポータル」はこちら

札幌市防災アプリ「そなえ」はこちら

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口

電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~18時00分)
よくあるご質問はこちら