ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > PCR検査、宿泊療養・自宅療養について > 臨時PCR検査センターの受検者アンケートの結果について

ここから本文です。

更新日:2020年10月21日

臨時PCR検査センターの受検者アンケートの結果について

令和2年7月23日に設置した「すすきの地区臨時PCR検査センター」において、接待を伴う飲食店における勤務状況等を把握し対策に役立てることを目的として、受検者のアンケートを実施しました。

調査結果の概要

  1. 陽性者は、陰性者と比べて、マスク着用率が低く、接客中、更衣室・控室において、マスクの着用は重要です。
  2. 陽性者は、陰性者と比べて、店内の換気が十分でなかった割合が高く、店内の換気も重要です。
  3. 従業員は、兼業していたり、同居人がいる場合があるため、兼業先の同僚や家庭の同居人へ感染させるリスクがあります。「マスク着用」、「換気」等の感染対策の徹底をお願いします。

確認されたこと

  • マスク着用の有効性
  • 換気の必要性
  • 同居人への感染の危険性

調査結果

調査結果(PDF:310KB)

調査期間:令和7月23日から令和2年8月29日
対象者:受検者1,110名、うち有効回答1,007名(有効回答率90.7%

 

【このページについてのお問い合わせ】

札幌市・北海道感染症対策チーム・すすきの対策チーム

  • 電話番号:011-676-3365
  • ファクス番号:011-633-0743

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。