ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > PCR検査、宿泊療養について

ここから本文です。

更新日:2020年10月9日

PCR検査、宿泊療養について

札幌市の現状と対策について / 市民の皆さまへ / 事業者の皆さまへ / 医療機関の皆さまへ / 介護保健施設・事業者の皆さまへ / 相談窓口について / 新型コロナウイルス感染症に関すること / PCR検査、宿泊療養について / 寄付、医療従事者応援プロジェクト等について

 

PCR検査センターの設置について

新型コロナウイルス感染症の拡大に対応していくとともに、市内医療体制の維持とその支援や検査体制の強化を図るため、PCR検査の検体採取に特化した「PCR検査センター」を、5月1日に札幌市内に設置しました。

すすきの地区では、「接待を伴う飲食店」での集団感染事例の発生など感染者が増加傾向にあることから、「すすきの地区臨時PCR検査センター」を7月23日に設置しました。店舗単位でのPCR検査も実施しています。

 

宿泊施設での療養について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、重傷者等に対する入院医療の提供に支障をきたすことを防ぐため、軽症者のうち重症化リスクの低い方々について、北海道では宿泊施設における療養(宿泊療養)を4月20日から実施しております。

宿泊療養施設に入居されるにあたっての注意事項や持ち物をご確認いただく際は、こちらをご覧ください。

宿泊施設で療養される皆さまへ(療養に係る注意事項)(PDF:298KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。