ここから本文です。

更新日:2022年9月26日

自宅療養・宿泊療養について

自宅療養について

以下のページをご確認ください。

自宅療養される方へのお知らせ

ページの先頭へ戻る

宿泊療養について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、重傷者等に対する入院医療の提供に支障をきたすことを防ぐため、軽症者のうち重症化リスクの低い方々について、北海道では宿泊施設における療養(宿泊療養)を令和2年(2020年)4月20日(月曜日)から実施しております。

宿泊療養の入所に係るご相談は、「陽性者サポートセンター(電話:0570-022-680)」(毎日8時~21時)へご相談ください。

 

宿泊療養施設に入所されるにあたっての注意事項や持ち物をご確認いただく際は、こちらをご覧ください。

宿泊施設で療養される皆さまへ(療養に係る注意事項)(PDF:319KB)

 

保健所にご連絡後、入所される予定となった方は、下記フォームに必要書類をアップロードしてください。

宿泊療養施設入所に関する資料のアップロード用フォーム

ページの先頭へ戻る

療養証明書の発行を希望される方へ

重要:9月26日以降に「陽性」と診断された方については、下記の方を除き、療養証明書(MY HER-SYSを含む)の発行はできません。

●療養証明書の発行ができる方=医療機関からの発生届提出対象となる方(重症化リスクの高い方)

・65歳以上の方

・入院を要する方

・重症化リスクがあり、かつ新型コロナ治療薬の投与が必要な方、又は重症化リスクがあり、かつ新型コロナ罹患により新たな酸素投与が必要な者

・妊婦の方

また、この変更に合わせて、各生命保険会社・損害保険会社などの新型コロナウイルス感染者への入院給付金の支払いの対象が大幅に変更となる予定です。給付金等の申請を予定されている方は、まず加入する保険会社にご確認いただくことをおすすめします。

重要:以下のご説明は、保健所で療養の証明ができる方(9月25日以前に「陽性」と診断された方及び上記により療養証明書の発行ができる方)への内容となりますのでご確認をお願いいたします。

 ★現在、療養証明書の発行に1カ月程度のお時間を頂戴するなど、業務が大変逼迫しております。原則として、各種保険金請求に際しましては、療養証明書以外の書類による代替をお願いしております。

(代替書類例)

※事前に必ず各保険会社のホームページなどでご確認、または各保険会社にお問い合わせください。

・医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかるもの

・診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)

・コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書

・自治体が設置している健康フォローアップセンターの受付結果(SMS・LINE等)

(※札幌市の陽性者登録システム「こくちまるプラス」からメールで送られた判定結果のお知らせなど)

・保健所と陽性者がやりとりしたメールの写し

・保健所から陽性者に出された案内文(健康観察や生活支援の留意点などが記載)

・PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)等

・MY HER-SYSの証明(札幌市での対応はこちら

ページの先頭へ戻る

 

【新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先】

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口

電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~21時00分)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。