• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > アジアゾーン > アムールトラ > アムールトラの「タツオ」が永眠しました(第2報)

ここから本文です。

更新日:2017年4月8日

アムールトラの「タツオ」が永眠しました(第2報)

アムールトラ「タツオ」

8月18日に亡くなったアムールトラのオス「タツオ」の解剖検査結果をお知らせいたします。

解剖所見:肺の石灰沈着と肺水腫
       黄疸

 

死亡後の各臓器の変性が強く、十分な肉眼所見を得ることができませんでしたが、これまでの臨床症状および血液検査結果(多飲多尿および腎機能を表す数値の悪化)や、肺の石灰沈着は、尿毒症に伴うものと考えられることから、慢性腎不全により死亡したものと診断しております。

 死亡までの経緯

 8月 6日(土曜日)午後に給餌を実施

 8月 7日(日曜日)前日に与えた餌が全量残っていた 飲水あり
             以降、様々な種類の肉やミルク等を与えるが、水以外口にしない

 8月11日(木曜日)屋外サブ放飼場に出る

 8月13日(土曜日)サブ放飼場出入口に顔を出すが、外には出ない

 8月14日(日曜日)隣の寝室との境の檻のそばに横になったため、補液を試みるが少量にとどまる

 8月16日(火曜日)午後から寝返りを打つことができなくなる 夕方、牛レバーを少量食べる

 8月17日(水曜日)呼吸が荒くなり、水も飲めなくなる

 8月18日(木曜日)朝、死亡を確認 北海道大学獣医学部に搬入し解剖実施

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428