• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > アフリカゾーンがオープン!

ここから本文です。

更新日:2016年8月22日

アフリカゾーンがオープン!

アフリカゾーンページ1

威風堂々とした佇まいのライオン

大規模新施設「アフリカゾーン」がオープンしました!

「アフリカゾーン」は、「カバ・ライオン館」「キリン館」の2棟で構成され、カバ、ライオン、キリンなど10種の動物たちを展示します。

2棟とも屋外内で色々な角度から動物を観覧することができ、建物の間を通る「サバンナストリート」では、こうした動物たちをパノラマビューでご覧いただくことができます。

 

<アフリカゾーンの特徴>

「キリン館」と「カバ・ライオン館」の2棟で構成する施設です。

「キリン館」では、世界で一番背の高い動物「キリン」が待っています。

これまでよりもよりその高さを実感できます。

また、あたらしい仲間として、「ミーアキャット」と「ハダカデバネズミ」が加わりました。ミーアキャットは広い休憩所の中からゆったりと観覧でき、いつも愛くるしい表情やしぐさで私たちを和ませてくれます。ハダカデバネズミは北海道初展示の動物で、小さいながらもとても不思議な生態をもつ、超珍獣です。

 

「カバ・ライオン館」では、肉食動物のライオンとブチハイエナがガラス越しでご覧いただけます。また、外の展示場でも金網越しで観覧できるので、

彼らが近くに寄ってきたときには、臭いや鼻息なども間近で感じることができるはずです。

そして、なんといっても見どころはカバの大型プール!3トン以上あるカバが水中を泳ぐように動く姿は、ダイナミックであること間違いナシです。

 

【アフリカゾーン飼育動物種】

[キリン館]

・マサイキリン

・ダチョウ

・ハダカデバネズミ

・サーバルキャット

・ミーアキャット

[カバ・ライオン館]

・カバ

・ライオン

・ブチハイエナ

・エランド

・モモイロペリカン

ハダカデバネズミ

これが「ハダカデバネズミ」!どんな生態なのか…!

アフリカゾーンページ2

カバのプールを真横から見られる!

アフリカゾーンページ3

キリンの背の高さを実感できます!

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428