• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > 熱帯動物館 > グラントシマウマのオス「飛馬(ひゅうま)」が死亡しました

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

グラントシマウマのオス「飛馬(ひゅうま)」が死亡しました

飛馬

グラントシマウマのオス「飛馬(ひゅうま)」が8月23日に死亡しましたので、ここに謹んでお知らせいたします。

現在『熱帯動物館』にて飼育展示している動物たちは、秋オープン予定の新施設『アフリカゾーン』への引越しを順次行っているところであり、既にダチョウ、ハイエナの引越しは完了しているところです。

「飛馬」も8月23日の閉園後、『アフリカゾーン』への引越しを行っておりました。

移動に当たっては細心の注意を払って行っておりました。『熱帯動物館』での捕獲は順調で、輸送用の檻で『アフリカゾーン』へ運びましたが、着いた時に箱の中で崩れ落ちるように倒れ19時に死亡を確認しました。

「飛馬」は平成22年に釧路市動物園からやってきました。先日亡くなったメスの「スモモ」との間には残念ながら子宝には恵まれませんでしたが、今まで皆様にかわいがっていただきました。約5年間と短い間ではありましたが、本当にありがとうございました。

なお、8月24日13時半より「北海道大学大学院獣医学研究科比較病理学教室」とともに解剖検査を実施する予定ですので、詳細が分かり次第あらためてご報告させていただきます。

献花台につきましては、熱帯動物館屋内に設置しております。

(追加情報)8月24日に死亡原因が判明いたしました。→詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

生年月日     平成21年(2009年)7月19日

来 園 日     平成22年(2010年)10月7日

死亡年月日   平成27年(2015年)8月23日

死 因         調査中→輸送時におけるストレスによる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428