• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > イベント情報 > わくわく蟲ランド2014 総選挙結果発表

ここから本文です。

更新日:2014年8月28日

わくわく蟲ランド2014 総選挙結果発表

「わくわく蟲ランド 食虫展2014」開催期間中、会場内で食べたい蟲に投票する「食べたい蟲総選挙」を実施しました。

総投票数 8,725 票とたくさんの方に投票していただきました。

投票数の多かった 上位7蟲 と ビリ蟲 を発表します。

優勝

1,414票

ホッパーくん

ホッパーくん

世界でいちばん人間に食べられている虫だよ

つくだ煮がおいしいみたいだよ(スタッフ談)

ぼくらが農作物を食べすぎて

人間を困らせちゃうこともあるんだ(うへぺろ☆)

2位

1,137票

オオスズメバチ

オオスズメバチ

大きい女王だと5cmは超えるという日本最大のハチである。

そして日本で最も危険な昆虫の一種。

身近な種で札幌市内にも普通に生息している。

「カチカチ」という大きな警戒音は、

左右の大あごを噛み合わせて鳴らしており、

聞くだけで身震いしてしまうほど恐ろしい音である。

外見はやはりハチの王者、生まれながらの威厳と品格を感じ、

うっとりしてしまうほど美しい。

3位

785票

ダイオウサソリ

ダイオウサソリ

東南アジアに生息する大型のサソリで、

体長は20cmを超える。

見た目は恐ろしいが、毒は弱く刺されても多少腫れるか痒くなる程度。

武器は大きなハサミで、これで挟まれると痛くて少し血が出るらしい。

これを使って獲物捕まえ、切り刻んで食べる。

ここにいる個体は残念ながらまだ子供で

小さいため迫力に欠ける。

4位

569票

ヘラクレス

オオカブト

ヘラクレス

南米原産で世界最長のカブトムシ。

言うまでもなき昆虫界のヒーロー。

その巨大で立派な角は神々しさすら感じてしまう。

子供に限らず、

大人からも一目置かれる存在で、まさにカブトムシの王様。

つい「ヘラクレス様」と呼んでしまう人も多いようだ。

5位

542票

オオコノハムシ

オオコノハムシ

コノハムシの仲間で最大の種。

誰もが一度は図鑑で見たことがあるが、

実際目にする機会はほとんど無い伝説的昆虫の登場。

名前の通り木の葉に擬態していて、

葉脈まで表現されているばかりでなく、

葉色に合わせ体色も変化させるという。

また近づくと風が吹いているようにユラユラと自ら体を揺らし、

よりリアルな葉っぱ感を演出する。

その徹底した擬態っぷりには頭が下がる。

森の中では絶対に見つけられないだろう。

単為生殖で繁殖することが知られており、

♀一匹だけ入ればこの素敵な昆虫と

代々一緒にずっと生活することも可能である。

6位

480票

タンザニア

オオヤスデ

タンザニアオオヤスデ

世界最大のヤスデ。

この蟲はいろんな意味で見る者を引きつけてやまない。

つい気になって凝視してしまうが、

しばらくするとつい目をそらしたくなってしまう。

初めてこの種を見た時は

あまりのインパクトの強さに笑うことしかできなかった。

外見は非常に毒々しいがまったく無害で平和的な生物。

自然界での役割はミミズと同様完全なる分解者。

害があるどころか益虫である。

刺激を与えると茶色で非常にくさい液を分泌するが、

「実家のタンス」もしくは「古本屋」みたいな匂いなので心配は無用。

7位

415票

オウゴン

オニクワガタ

オウゴンオニクワガタ

インドネシアのジャワ島に生息する大型のクワガタで、

昆虫好きにはお馴染みの種。

ゴールドに輝くボディは非常に美しいが、

湿度が高いと黒くなってしまう。

しかし湿度を高くしないと体調を崩すので、

基本的にはいつも黒い。寿命は半年程度。

ビリ

18票

ポリフェムス

オオツノカナブン

ポリフェムス

アフリカ原産の大型ハナムグリの仲間。

ジュエリービートルという別名の通り

そのグリーンに輝く体はまさに「生けるエメラルド」。

この機会にこの妖艶な美しさを思う存分堪能してほしい。

昆虫ゼリーと腐りかけのバナナが大好き。

 

スタッフから

腐りかけのバナナが大好き。そんなポリフェムスオオツノカナブンに18票も投票してくださってありがとうございます。
今回の蟲展では、蟲を見て、さわって、食べて、様々な体験をしていただきました。
どうですか?蟲のことは好きになりましたか?
蟲のことを好きになると今まで気にしなかったことが見えてきます。
例えば北海道のカブトムシという外来種問題や日本国内でも絶滅が危惧されている蟲がたくさんいるという問題。
蟲は様々な問題を抱えていて、それらひとつひとつが私たちの生活と結びついていることがわかるはずです。
今回の蟲展をきっかけにして、いろいろなことに気づき、そして、学んでみませんか?

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428