• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > こども動物園 > エゾモモンガ > エゾモモンガの「タロウ」が死亡しました。

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

エゾモモンガの「タロウ」が死亡しました。

エゾモモンガ「タロウ」

エゾモモンガ オスの「タロウ」

 

こども動物園「ドサンコの森」で飼育展示中でしたエゾモモンガのオス

「タロウ」が死亡しましたので、謹んでお知らせいたします。

平成16年(2004年)に赤ちゃんの段階で保護され、円山動物園で4頭の子どものお父さんになってくれました。

野生のモモンガは5~7年が寿命と言われていますので、天寿を全うしてくれたものと思います。

 これまで皆様にかわいがっていただき感謝いたします。

 

〇エゾモモンガのオス「タロウ」

【死亡年月日】  平成25年(2013年)9月17日

【死亡原因】    老衰

【生年月日】    保護個体のため不明

【来園日】     平成16年(2004年)5月17日

   

飛行

イベントの度、その雄姿を見せてくれました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428