• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > チンパンジー館 > チンパンジー > 北京動物園に移動したチンパンジー「チャーボー」の展示が開始されました。

ここから本文です。

更新日:2013年4月12日

北京動物園に移動したチンパンジー「チャーボー」の展示が開始されました。

チャーボー

中国最大級の動物園である北京動物園と当園とは、平成23年9月より、当園の訪問をきっかけに交流事業を始めました。

平成25年1月25日には、円山動物園からチンパンジー「チャーボー」を搬出し、北京動物園での検疫期間を無事に終え、4月10日から展示が開始されました。

チャーボーは繁殖目的で移動しています。北京動物園ではこれまで何度もチンパンジーの自然繁殖に成功しておりますので、チャーボーの相手、現在13歳のYaya と10歳のNannan との間で家族が誕生することを期待しています。

そしてこのたび、北京動物園からお送りいただく動物種が決まりました。

アライグマ科のアカハナグマ(2012年生まれ、雌2頭)です。アカハナグマの円山動物園への移動時期は6月ごろとなる見込みです。

このたびの動物交換は、札幌市北京事務所を通じて実現することができました。

 

【北京動物園で展示が開始された動物】

 動物種:チンパンジー 愛称:チャーボー 性別:雄

 生年月日:2001年8月28日円山動物園生(11歳)

 搬出日:2013年1月25日

 展示開始日:2013年4月10日

 

【北京動物園から円山動物園にお送りいただく予定の動物】

 動物種:アカハナグマ 性別:雌 頭数:2頭 生年月日:2012年5月8日、2012年6月13日

 到着予定:2013年6月 、展示は検疫を終えた夏を予定。

 

【札幌市北京事務所について】

 札幌市では、北京市にある一般財団法人日中経済協会北京事務所札幌経済交流室に本市職員を派遣し、事務所を開設しております。

北海道内・札幌市内の企業のための中国ビジネス支援の拠点として、また、中国における札幌の産業の広報の拠点として活躍しております。

 名称:一般財団法人日中経済協会北京事務所札幌経済交流室(室長:角田貴美氏)

住所:〒100022北京市朝陽区建国門外大街甲26号長富宮弁公楼401

開設:平成15年(2003年)11月11日

 

【アカハナグマについて】

 英名 South American Coati 

 学名 Nasua nasua

 生息地 南米の森林

 分類 食肉目(ネコ目)アライグマ科

 食性 食虫性、果実等

 サイズ 体長約80~130cm(うち尾長が半分を占める) 

体重約 雌3.5~4.0kg、 雄4.0kg~5.6kg

 当園飼育歴 昭和46年8月から昭和47年10月 1頭飼育(性別不明) 

 国内飼育園館 平成23年3月現在 16園館 63頭 (千葉市動物公園、東山動物園、王子動物園、他。)

アカハナグマ

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428