• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > アフリカゾーン > モモイロペリカン > モモイロペリカン「パー子」の病理診断結果について

ここから本文です。

更新日:2017年3月11日

モモイロペリカン「パー子」の病理診断結果について

2017年1月24日に亡くなったモモイロペリカンの「パー子」の病理診断結果が、3月9日に出ましたので、お知らせいたします。

診断結果において、細菌感染等は見られなかったため、特定はできませんが獣舎内で何処かにぶつかった可能性があります。

最終診断:右浅胸筋における重度の出血と壊死(出血と壊死の原因は不明)

残されたオスのぺーは、一時期食欲が落ちて心配しましたが、今は元気にしています。

モモイロペリカンパー子

 

パー子(モモイロペリカン:メス)

生年月日:野生個体のため不明

来園年月日:2003年2月27日

死亡日:2017年(平成29年)1月24日(14歳以上)

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428