• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > イベント情報 > ザリガニシンポジウムを開催します

ここから本文です。

更新日:2015年8月21日

ザリガニシンポジウムを開催します

ニホンザリガニは清流のシンボルです。かつては身近な水辺にたくさんすんでいましたが、今は開発の影響などで生息できる環境が激減してしまいました。絶滅危惧種になったニホンザリガニを守っていくためには、残された貴重な生息地を守っていかなければなりません。

今回はその中でも農地におけるニホンザリガニの保全について考えてみたいと思います。近年の農業は環境や生物多様性に配慮した形で行われるようになってきました。農地にニホンザリガニがいた時、ニホンザリガニを守りつつ農業を行うには、どうしたらいいのでしょうか。各地で行われている実践をもとに考えてみたいと思います。

開催日時

平成27年8月9日(日曜日)午後1時から3時まで

会場

円山動物園プラザ(動物園センター内)

シンポジウムテーマ

農村における生物多様性とニホンザリガニの保全

内容

基調講演

  • 農地の基盤整備とニホンザリガニの保全 講師:川井唯史(ザリガニと身近な水辺を考える会代表)

各地からの報告

  • 札幌市および清水町におけるニホンザリガニの生息状況 報告者:須網瞭太(酪農学園大学農食環境学群環境共生学類)
  • 真狩村におけるニホンザリガニを通した連携事業について 報告者:三野雪絵、梅原莉央(真狩高校農芸科学科有機農業コース)
  • 布団篭によるニホンザリガニの保全 報告者:鏡坦(帯広ウチダザリガニバスターズ)

 

特別講演

南ヨーロッパでのザリガニ保全の取り組み 講演者:アギーレ・ウリベオンド(スペイン王立植物園副園長)

参加費

無料、ただし、高校生以上は動物園への入園料(一人600円)がかかります

主催

ザリガニと身近な水辺を考える会

共催

円山動物園

その他

シンポジウム終了後、円山動物園のニホンザリガニプログラムについて担当飼育員からお話を聞きながらニホンザリガニ飼育施設(普段は非公開)の見学をします。

見学を希望される方は、円山動物園(電話011-621-1426)まで事前に電話でお申し込みください

対象は、小学生以上で、ザリガニシンポジウムに出席することが参加条件となります(ザリガニ小屋見学だけの参加はできません)。

なお、定員を先着20名とします。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428