• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > 類人猿館 > シロテテナガザル > シロテテナガザルの「アイ」がやってきました!

ここから本文です。

更新日:2014年10月15日

シロテテナガザルの「アイ」がやってきました!

アイ

シロテテナガザルの「アイ」です!

 当園では2012年6月に旭川市旭山動物園からシロテテナガザルのコタロー(2004年10月26日生まれ ♂)を借り受け、類人猿館で飼育展示しておりますが、この度、繁殖相手として、福井県鯖江市西山動物園からメス(2009年8月15日生まれ 愛称:アイ)を借り受けることになり、10月2日に円山動物園に迎えました。導入時の検疫が終了し「コタロー」との同居訓練も順調に進んでいることから、10月13日よりシロテテナガザルの屋外放飼場にて一般公開を開始したのでお知らせいたします。

 アイはまだ若く、一般的な繁殖適齢期まであと数年ありますが、同居してすぐに寄り添って過ごすようになるなど相性もよさそうです。数年後の赤ちゃん誕生を期待して見守っていただければと思います。

  

○個体情報

 【今回来園した個体】

  愛称:アイ 性別:メス 2009年8月15日 福井県鯖江市西山動物園生まれ

 【既存の個体】

  愛称:コタロー 性別:オス 2004年10月26日旭山動物園生まれ 

                2012年6月6日来園 

 

【シロテテナガザル豆知識】 

分類:霊長目 テナガザル科 

分布:タイ、マレー半島、スマトラ島などの東南アジアの熱帯雨林に生息。

形態:手足の先端、顏の周囲が白い。なお、体毛は個体により、暗褐色から淡褐色まで多岐にわたる。

   体長は50~60cm前後、体重は、5~6kg程度。

生態:長い腕を使い、木の枝から枝へ渡るブラキエーションを行う。一組の夫婦とその子供たちからなる家族単位の群れを構成する。およそ8年で性成熟に達する。

規制状況:森林伐採と狩猟により生息数が減少しており、ワシントン条約付属書Ⅰ類、IUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種に指定されています。

 

コタロー&アイ

左:アイ、右:コタロー

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428