• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > アフリカゾーン > エランド > エランドの赤ちゃんが生まれました!

ここから本文です。

更新日:2013年3月27日

エランドの赤ちゃんが生まれました!

エランドの赤ちゃん

3月27日早朝の様子

熱帯動物館で飼育中のエランドに赤ちゃんが生まれました!

3月26日の開園時間中に出産したため、その日は午後から熱帯動物館を閉鎖させていただきましたが、出産後まもなく授乳も確認でき元気いっぱいなので、3月27日以降はご覧いただけます。

かわいらしいエランドの赤ちゃんをぜひご覧ください。

(出産直後ということもありますので、しばらくは若干の人止めをさせていただきます。ご了承ください。)

【赤ちゃんの情報】

出生日 :平成25年3月26日(月曜日)13時35分

性別 :確認中

【個体情報】

父:プッチョ

2005年6月20日群馬サファリ生まれ、2008年4月24日来園

母:ラッシュ

2002年3月31日円山動物園生まれ、片方の角がないのが特徴。

【ラッシュの出産歴(いずれも父親はプッチョ)】

2009年 ひな メス (東北サファリパークへ)

2011年 ニコ メス (円山動物園にて飼育中)

2012年 サンタ オス (円山動物園にて飼育中)

(2010年 死産 メス)

【エランド豆知識】

皆さん、第一声に「シカだ!」と言われることが多いですが、エランドはアフリカに住む野生のウシの仲間です。らせん状の角が特徴的で、すぐれた跳躍力が有名です。野生では、子ども、若者を連れたメスから構成される20~30頭の群れを、時にはこの群れが更に集まり数百頭の群れとなり、乾期に豊富な草を求めて移動します。オスは3~4頭の群れで定着して、食物と水を確保できる小さな範囲で暮らすことを好みます。

エランドの赤ちゃん

出産直後。羊水でベチャベチャです。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428