• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > 総合水鳥舎 > タンチョウ > タンチョウの「タエ子」が死亡しました

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

タンチョウの「タエ子」が死亡しました

タエ子

左:タエ子 右:十兵衛

「総合水鳥舎」で飼育中でありましたタンチョウのメス「タエ子」が、死亡いたしましたので、謹んでお知らせいたします。

【死亡年月日】
平成25年(2013年)1月14日 

【死亡原因】
肝臓疾患

【生年月日】
1998年6月9日釧路市動物園生

【来園日】
2004年3月23日

【年齢】
14歳

「タエ子」は、オスの「十兵衛」とともに、2004年3月23日に釧路市動物園から仲間入りしました。繁殖目的での借用でありましたが、本ペアでの繁殖はありませんでした。

これまでの多大なる応援に感謝いたします。

これで、円山動物園で飼育するタンチョウは、「十兵衛(1998年7月1日生)」のみとなりました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428