• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > チンパンジー館 > チンパンジー > 北京動物園にチンパンジーの「チャーボー」が婿入りします

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

北京動物園にチンパンジーの「チャーボー」が婿入りします

チャーボー

チャーボー

このたび、チンパンジー「チャーボー」を中国最大級の動物園である北京動物園へ搬出することになりましたのでご報告いたします。

北京動物園と円山動物園とは、平成23年度より交流事業を展開しております。

円山動物園では、これまで、繁殖適齢期に達したチャーボーの搬出先を探してまいりましたが、国内での調整はつきませんでした。今回、北京動物園では、雄のチンパンジーの導入を希望されていたことから、チャーボーを搬出することに合意が得られたことは、チャーボーにとっても良縁だと感じています。

繁殖相手候補は、北京動物園で飼育する現在13歳のYaya と10歳のNannanになります。YayaやNannanをはじめ、北京動物園ではこれまで何度もチンパンジーの自然繁殖に成功しており、すぐれた繁殖技術を備えている動物園と言えます。昨年の9月には、北京動物園に職員を派遣し、飼育状況や飼育環境の視察を行い、環境的にも良好な動物園であることを確認しています。11歳になる年頃のチャーボーは、必ずや、YayaやNannanの良いお婿さんになってくれるものと私たちも期待しています。なお、1月13日(日曜日)にチャーボーを展示していた小展示場内の点検口扉が破損したため、補修が終了するまで、チャーボーはご覧いただけません。ご了承ください。

以下の予定で、チャーボーを送る会を開催いたします。飼育員による北京動物園飼育出張報告の他、チャーボーへの特別給餌などを予定しています。

【日時】

平成25年1月19日(土曜日)午後1時30分~

【場所】

動物科学館ホールのちチンパンジー館屋内展示場

【内容】

○動物科学館ホールにて

1.園長からの送る言葉

2.担当飼育員の北京動物園出張報告

 ○チンパンジー館屋内展示場にて

3.チャーボーへの特別給餌(スイカ メロンなど)

なお、平成25年1月25日(金曜日)に、円山動物園からチャーボーを搬出しますので、ご覧いただけるのは、平成25年1月24日(木曜日)閉園までとなります。動物検疫所(成田支所)で約1カ月間の検疫を行ったのち、北京動物園へは、2月下旬に移動となる見込みです。

【搬出個体情報】

動物種:チンパンジー 

愛称:チャーボー 性別:雄

生年月日:2001年8月28日円山動物園生(11歳) 

父:故トニー 母:ガチャ(推定46歳以上)

【円山動物園での現在の飼育数】

雄2頭 雌8頭 合計10頭

【国内の飼育状況】

53施設 雄142頭雌190頭 合計332頭 (2010年12月31日現在)

Yaya

Yaya

Nannan

Nannan

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428