• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > フクロウとタカの森 > シロフクロウ > シロフクロウのメスが仲間入りしました!

ここから本文です。

更新日:2012年9月13日

シロフクロウのメスが仲間入りしました!

アンナ

2011年9月にシロフクロウの雌「空」が死亡してから、雄の「大地」のみを展示していましたが、このたび、雌の「アンナ」が仲間入りしました。

動物病院での検疫を終了し、9月13日(木曜日)から、フクロウとタカの森で展示を開始しています。

新しい土地にもすぐに慣れたようですので、雄の「大地」との繁殖を期待したいと思います。

【新着個体】

シロフクロウ 雌 愛称「アンナ」
2011年6月14日生まれ
2012年8月22日来園 1歳

【既存個体】

シロフクロウ 雄 愛称「大地」
2005年5月1日生まれ
2008年3月3日来園 7歳

【シロフクロウ豆知識】

分類:フクロウ目 フクロウ科 分布:北極圏ツンドラ地帯

形態:体長は50~65cm、翼を開いた長さは140~165cmほどです。羽毛は白色で、足の指まで羽毛が生えています。雄は、ほぼ純白ですが、ツンドラの高台で子育てをする雌には、黒や褐色の斑点があります。

生態:白夜のある北極圏に生息していることから、フクロウ類の中では例外的に日中でも活動する特徴があります。レミングなどの小型のネズミ類を捕食し、シロフクロウの繁殖成功率はレミングの個体数によって左右されるといわれています。

シロフクロウ

左「大地」、右「アンナ」

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428