• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > フクロウとタカの森 > ユーラシアワシミミズク > ユーラシアワシミミズクの「フクちゃん」がフライトデビュー!

ここから本文です。

更新日:2011年11月11日

ユーラシアワシミミズクの「フクちゃん」がフライトデビュー!

フクちゃん

平成23年7月8日に旭川市旭山動物園から来園した2羽のユーラシアワシミミズクのうち、「フクちゃん」が、11月12日(土曜日)に、いよいよフライトデビューすることとなりました。

「フクちゃん」は、旭山動物園で人工育雛により育った個体で、今年3月までフライトトレーニングを積んできたそうです。

翼を広げると約160cmもありますので、その飛翔には、とても迫力があります。

フクロウ類は、不安定な場所を嫌うので、来園者の腕に止まらせることはできませんが、止まり木の間の約20mを優雅に飛翔する様子をご覧いただくことができます。

現在、フリーフライトでは、トビの「ビリー」が活躍していますが、「ビリー」は、11月20日(日曜日)を最後にしばらくの間、換羽のためお休みしますので、それまでの間は、2羽体制でフリーフライトを実施いたします。どうぞ、本格的にデビューとなる「フクちゃん」をご覧に、野外ステージ前にお越しください。

【ユーラシアワシミミズクのフリーフライト】

平成23年11月12日(土曜日) 14時から 野外ステージ前

  • ※ 以後は木曜日以外の毎日実施予定です。
  • ※ 動物の体調や作業工程、天候等により予告なく変更または中止になる場合もございますので、案内放送等でご確認ください(特に、雨天時、強風時には中止となります)。

【個体情報】

2010年生まれ 愛称「フクちゃん」

孵化年月日:2010年4月13日(推定)旭山動物園生まれ 性別:不明 

体重1700g(11月10日現在)、頭尾長約50cm、翼開長約160cm

※旭山動物園にて、孵化後、約1週間より人工育雛を行い、フライトトレーニングを始める。

【ユーラシアワシミミズク豆知識】

英名:Eurasian Eagle Owl 学名:Bubo bubo

体長:50~75cm 分布:英国を除くヨーロッパ、アジア、アフリカ北部、シベリアなど
形態:羽色は、薄茶色に濃い茶褐色が混じる。フクロウ類では最大級。立派な羽角と鮮明なオレンジ色の目が特徴。

生態:主に、起伏の多い荒地、樹木に覆われた丘、半砂漠地帯に生息。夜行性で、食物は、ネズミ、キツネなどの哺乳類、鳥類、爬虫類。

フライトの様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428