• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > イベントカレンダー > 連続講演会第3回「知床の野生生物 ~観光資源化の現状と課題~」

ここから本文です。

更新日:2011年9月13日

連続講演会第3回「知床の野生生物 ~観光資源化の現状と課題~」

円山動物園では、「北海道の生物多様性を地域活性化に活かす~円山動物園プロジェクト」として、生物多様性の保全を観光や地場産業へとつなげている道内各地の団体の活動を紹介する連続講演会を、開催しております。第1回(7月23日・24日)は西興部村猟区管理協会によるエゾシカの有効活用に向けた取り組みを、第2回(8月27日・28日)は黒松内岳ブナ林再生プロジェクトによる森づくりとまちづくりの取り組みを紹介していただきました。

第3回となる今回は、北海道でも随一の野生生物の宝庫として知られ近年観光ブームが起こっている知床半島で、自然環境の保全と利用のバランスを保つための調査研究や普及啓発を行っている知床財団の取り組みを取り上げます。
観光する側からのニーズと、野生生物や森の現状との間に生まれるジレンマを見つめ、人間と野生動物とが良い関係を築くために知床財団が行っている活動とその成果、またこれからの展望について、お話しいただきます。

○講演会
会場:動物科学館ホール
講師:石名坂 豪(いしなざか つよし)氏 公益財団法人 知床財団 研究員(羅臼地区事業係)
【進行】
(18日)伊吾田 宏正(いごた ひろまさ)氏 酪農学園大学 狩猟管理学 講師
(19日)吉田 剛司(よしだ つよし)氏 酪農学園大学 野生動物保護管理学 准教授

○パネル展等
会場:動物科学館前 屋外テント(雨天時は、動物科学館内)
内容:知床半島の現状を伝えるパネル展示、環境教育プログラムの実演

知床五湖遊歩道の渋滞

知床五湖遊歩道の渋滞

車を気にしないクマ

車を気にしないクマ

森林再生作業

森林再生作業

日時

2011年9月18日(日曜日)~2011年9月19日(月曜日)  

○講演会:14時30分~15時30分
 (開場は14時15分、予約・受付はありませんので、会場にお入りください。)
○パネル展等:10時00分~16時00分

場所

名称 動物科学館ホール

料金

無料(別途入園料が必要です)

その他

この連続講演会は、北洋銀行ほっくー基金助成により実施し、7月から10月までの間、計4回開催いたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428