ここから本文です。

更新日:2011年9月1日

マレーバクの「円夏」が亡くなりました

マレーバク「円夏」

マレーバクの「円夏」

熱帯動物館で飼育中でありましたマレーバクの「円夏」(メス)が死亡いたしましたので、ここに謹んでお知らせいたします。

死亡年月日 平成23年(2011年)9月1日(木曜日)
死亡原因 衰弱死(原因調査中)
年齢 17歳(推定) 野生保護個体
来園年月日 平成12年(2000年)11月13日 インドネシアMelaka動物園


「円夏」(マルカ)は平成12年11月13日にインドネシアのMelaka動物園から来園いたしました。野生由来の保護された個体で、推定17歳でした。
本年、8月1日頃から体調を崩し、食欲が無い状態が続いていました。飼育職員は好みの果物を与えるなど食欲回復のためには何が良いか試行錯誤し、獣医師は点滴治療を行うなど職員が一丸となり、看病して参りましたが、9月1日木曜日朝、屋内展示場のプールにて死亡しているのを担当職員が発見いたしました。
まだまだ永く人気者であって欲しかったのですが、このような結果となってしまい大変残念でなりません。
これまで「円夏」を応援していただき、誠にありがとうございました。
様々な思い出をありがとう円夏!

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428