• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > 過去飼育していた動物 > ベネットアカクビワラビー > ベネットアカクビワラビー「ミミ」が亡くなりました

ここから本文です。

更新日:2011年7月5日

ベネットアカクビワラビー「ミミ」が亡くなりました

ベネットアカクビワラビー「ミミ」

カンガルー館で飼育中でありましたベネットアカクビワラビーの雌「ミミ」が死亡しましたので、ここに謹んでお知らせいたします。


死亡年月日 2011年7月4日(月曜日)

死亡原因 腎不全、カンガルー病

年齢 7歳

出生年月日 2004年4月9日(円山動物園生れ)

「ミミ」はお母さんの「ビビ」を2004年7月15日に不慮の事故で亡くした後、飼育担当者に人工哺育で育てられました。

2005年4月に一般公募により「ミミ」と命名され、人懐っこい人気者のワラビーでした。また、カンガルーのお散歩体験を実施した初代の「看板娘」でもありました。

長くカンガルー病(口腔内の感染症で顎が細菌感染により腫れる病気)を患い、幼少のころより治療を続けてまいりましたが、6月29日から容体が急変し、腎不全により急逝いたしました。

まだまだ永く人気者であって欲しかったのですが、このような結果となってしまい大変残念でなりません。

これまで「ミミ」を応援していただき、誠にありがとうございました。

これで、当園で飼育展示中のベネットアカクビワラビーの飼育頭数はゼロとなりました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428