• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > は虫類・両生類館 > ガビアルモドキ(マレーガビアル) > 来園予定であったとべ動物園の「ガビアルモドキ」が死亡しました

ここから本文です。

更新日:2011年6月20日

来園予定であったとべ動物園の「ガビアルモドキ」が死亡しました

ガビアルモドキ

2011年6月20日(月曜日)に来園予定とお知らせした、愛媛県立とべ動物園のオスの「ガビアルモドキ」ですが、残念ながら、移動を前にして本日早朝に死亡したとの連絡がとべ動物園から入りました。

輸送箱に収容する前の段階でありましたが、ストレスが引き金になった可能性もあります。

当園では、現在、2頭のメスのガビアルモドキを飼育しており、繁殖目的での移動となる予定でしたが、残念な結果となりました。


【新着予定であった動物】

動物種:ガビアルモドキ 1頭 性別:オス 年齢:不詳

全長4m30cm、体重250kg(どちらも推定)

1997年3月7日京都市動物園からとべ動物園に導入


【当園飼育展示中の2頭のガビアルモドキ】

性別:メス 1983年9月2日入園


【ガビアルモドキ豆知識】

分類:ワニ目 クロコダイル科

レッドリスト:EN(絶滅危惧種)

ワシントン条約:付属書1.

分布:マレー半島、スマトラ及びボルネオに生息

形態:大型のワニで、個体によっては、体長が5m近くにもなる。口吻が非常に細長く、口内に細く鋭い歯が並んでいる。体色は、褐色がかった暗緑色の地に黒い斑紋が入る。動物食で、主に魚を食べる。

国内飼育状況:2010年12月31日現在、5園で合計19頭(雄4、雌9、不明6)を飼育。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428