• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > わくわくホリデーアジアゾーン > ユキヒョウ > ユキヒョウの2頭の赤ちゃんのうち、5月3日朝1頭の赤ちゃんの死亡を確認しました

ここから本文です。

更新日:2011年5月3日

ユキヒョウの2頭の赤ちゃんのうち、5月3日朝1頭の赤ちゃんの死亡を確認しました

ユキヒョウ「リーベ」

ユキヒョウ「リーベ」(メス)

2011年5月1日朝、ユキヒョウの赤ちゃんが2頭誕生しましたが、5月3日朝大変残念なことに1頭の赤ちゃんの死亡を確認いたしましたので、謹んでお知らせいたします。
5月3日朝、産箱に設置してある観察カメラの映像により、2頭の赤ちゃんのうち1頭の赤ちゃんの死亡を確認いたしました。これに伴いしばらくの間産箱内のライブ映像を中止いたします(替わりに出産時の映像をご覧いただいております)。
5月3日現在1頭の赤ちゃんは無事に成育しているのを確認しておりますので、このあとはお母さんのリーベが落ち着いて子育てができるように最善を尽くして行きたいと考えております。

 

【個体情報】
5月1日(日曜日)午前4時頃、2頭の赤ちゃんを暗視カメラにて確認。
5月3日(火曜日)早朝、1頭の死亡を確認。1頭は無事成育中。
性別、体長、体重は不明。


【ユキヒョウ豆知識】
食肉目 ネコ科 英名 Snow Leopard 学名 Panthera uncia
名前のとおり、灰色~白色の毛を持ち、野生のものはヒマラヤなど標高2000~6000mもの高山で、ヒツジやヤギ、シカの仲間やネズミ、小鳥類などを捕らえて生活しています。
インド、モンゴル、ネパール、パキスタン、ロシアなどに生息していますが、開発や美しい毛皮を狙った狩猟により、絶滅の危機に瀕しています。
ワシントン条約付属書1類で国際血統登録がなされており、世界では220の動物園で約600頭が、国内では11の動物園で26頭(オス14頭メス12頭、2009年データ)が飼育されています。

 

ユキヒョウ「アクバル」

ユキヒョウ「アクバル」(オス)

左:「リーベ」 右:赤ちゃん

左:「リーベ」 右:赤ちゃん

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428